]

個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱの算定条件(通所介護・デイサービス) 平成27年(2015年)版

通所介護・デイサービスにおける個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱについて

通所介護の個別機能訓練加算については、厚生労働省からの通達も出ております。

個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱを算定する上で共通のこと

届出

加算届出に関する取扱通知は、国からの確定通知が発出され次第、お知らせがあります。

届出が必要か心配な場合は各自治体に問い合わせしてみた方が安心かと思います。

計画

3か月に1回、機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員、その他の職種の者が共同して作成する

ダウンロードして使える厚労省提示の計画書は「個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱの計画書 厚労省例のひな形サンプルテンプレート書式」にあります。

評価

計画を作成するにおいて評価が必要であり、計画と同様に評価も3か月に1回実施する必要がある

実施

機能訓練指導員が関わる必要があるが、デイケアや老人保健施設のような実施時間は定められていない。

機能訓練加算は在宅生活における自立支援を目的とした通所介護の一環であり、介護職員と一緒に「生活機能」に着目した訓練を行うもの。

機能訓練指導員等が利用者の居宅を訪問した上で、個別機能訓練計画を作成し、その3月ごとに1回以上、利用者の居宅を訪問した上で、利用者又はその家族に対して、機能訓練の内容と個別機能訓練計画の進歩状況等を説明し、訓練内容の見直し等を行っていること。

記録

実施時間、訓練内容、担当者などを利用者ごとに保管し、常に職員が閲覧できる状態に。

 

広告

個別機能訓練加算Ⅰ 46単位/日

人員配置

サービス提供時間内勤務の「常勤」の機能訓練指導員が1名必要。

訓練内容

複数の種類の機能訓練項目を準備し、項目の選択にあたっては機能訓練指導員が利用者の選択を援助し、選択した項目ごとにグループに分かれてサービスを提供。

 

広告

個別機能訓練加算Ⅱ 56単位/日

人員配置

提供時のみの機能訓練指導員でよい(配置時間について周知)

(非常勤で可能、雇用契約等をクリアすれば同法人内で出向や派遣での対応も可能という見解もあるが、各自治体判断になりそう)

計画

通所介護計画の中に記載すれば、個別機能訓練計画書の代わりにできる

訓練内容

ADL及びIADLの状態を把握し、日常生活における生活機能の維持・向上

身体機能そのものの回復を主たる目的とする訓練ではなく、残存する身体機能を活用して生活機能の維持・向上を図り、利用者が居宅において可能な限り自立して暮らし続けることを目的とする訓練

類似の目標をもつ5人程度以下の小集団で実施。(個別対応も含む)

参考 デイサービス機能訓練指導員の実践的教科書; 藤田健次, 2014.01.24

 

こちらも見てね!

[clink url=”//otakiyama.com/blog/kinoukunren201603/”]

次のページでは、個別機能訓練で自立支援型の通所介護方針にする際に意識したいことをまとめてあります!機能訓練加算算定のマインドセットです。

ページ: 1 2