国民医療費と療養費(柔道整復、はり・きゅう、マッサージ)の推移(2017年1月発表)

国民医療費と医療保険療養費支給(柔道整復、はり・きゅう、マッサージ)の推移

2017年1月6日に、厚生労働省から柔道整復師等の施術に係る療養費の推移(推計) (PDF:32KB)が発表されました。

国民医療費は平成20年度34兆8000億円→平成26年40兆8000億円に

平成26年は国民医療費全体では40兆円が支給されました。平成20年から毎年2%前後ずつ増加しています。

広告

柔道整復、はり・きゆう、マッサージに係る療養費の推移は?

接骨院・整骨院の柔道整復師が療養費の大半で医療費の1%

接骨院や整骨院などで行われる柔道整復師の施術に係る療養費支給が4000億円ほどで推移しています。

全国に接骨院・整骨院は約4万院あると言われ、柔道整復師は全国に6万人ほどいます

マッサージや針灸は医師の同意などの手続きにより療養費支給対象(保険適応)になるのに対し、柔道整復師は骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)については自己判断でき、受領委任により窓口では自己負担のみの支払いになることなどの仕組みの違いが影響していそうです。

厚生労働省は2016年10月ごろ、柔道整復師(柔整師)の施術に公的医療保険を適用する療養費制度について、不正請求対策を強化する方針を固めました。不正の疑われるケースは接骨院などにカルテなど関連資料の提出を義務付ける計画です。

あん摩マッサージ指圧師、はり師・きゅう師は人数の割に低い療養費支給

これに対し、はり・きゅう、マッサージは少しずつ増加傾向にあります。

あん摩マッサージ指圧師は全国に11万人ほどいます。はり師・きゅう師は全国に10万人ほどいます。

はり・きゅうの療養費支給は年々増加していますが、平成26年時点でも380億円です。

マッサージの療養費支給も年々増加していますが、平成26年時点で670億円です。

広告

保険適応で利用する柔道整復、はり・きゆう、マッサージのポイントは以下の記事で

厚生労働省から、療養費の取り扱いについて案内が出ていました。患者側にもわかりやすいまとめだと思います。