スポンサーリンク

介護保険の2割負担は2015年8月から。負担割合証は確認しましたか?

負担割合証サンプル

負担割合証サンプル

平成27年度の介護保険法改正により、一定以上の所得のある方においては利用者負担割合が 2割 になります。

負担割合がどうなっているかについては、ほとんどの自治体で6月末から7月にかけて要介護認定を受けている方全員に負担割合証が郵送されています

介護保険自己負担、高額介護サービス費補足給付の見直しの要件については、以下の記事を参照を!

一部の方の自己負担分は上がりますが、その中でも高額介護サービス費の設定などにより、上限が付いています。

また、万が一のセーフティネットとして、補足給付の制度もあることを是非覚えておいてください。

 介護保険の自己負担を一部1割→2割に。平成27年8月から施行。高額介護サービス費、補足給付と合わせて。

負担割合証は全員に届きます

中には見ずに捨ててしまっている方もいらっしゃるようですが、介護の事業所では請求で必要な情報となります。

負担2割の場合には事業者に連絡していただけると助かるかもしれません。
この負担割合証は、介護認定を受けている方全員に対し従来どおり1割の人にも新しく2割になる人にも発行されます。

負担が増えて困ってしまうという話は出てくると思いますが、セーフティーネットとして「高額介護サービス費制度」や「補足給付の制度」もあります。

こちらも合わせて覚えておくと役に立てると思います。

関連キーワード
  • 居宅療養管理指導は医師・歯科・衛生士・薬剤師・管理栄養士等が定期的に介護生活の指導
  • 介護領域のビッグデータ解析、人工知能化
    介護領域のデータベース活用、ビッグデータから科学的介護、人工知能化へ
  • 介護保険の2割負担は2015年8月から。負担割合証は確認しましたか?
  • 個別機能訓練加算算定Ⅰ・Ⅱ算定条件
    個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱの算定条件(通所介護・デイサービス) 平成27年(2015年)版

この記事が役立ったら「いいね」お願いします。

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

フォロー大歓迎です! 

おすすめの記事
介護業務
この記事の見出し1 介護職は、相談できる存在でありたい2 介護も、利用する前も、利用し始めてからも心配3 教えることで成長し、教えることでお...