ウロ・ハルンバッグ、バルーン、尿カテーテル、膀胱瘻、採尿バッグなどの違い、隠語・用語の意味と呼び方を図で復習

バルーンカテーテル(尿道カテーテル・フォーリーカテーテル)、膀胱瘻、ミルキング方法、ウロバッグ・採尿バック・ハルンバッグ有りで注意する尿路感染の徴候、各名称・呼び方をイラストで確認!

sainyobag

持続的導尿として、バルーンカテーテル法で排尿している方は多くいます。職場によって呼び方が様々なこの言葉たち。ちゃんと答えられますか!?復習しちゃいましょう!

ウロは医療略語(隠語)でUrology(泌尿器科)のこと

ウロは医療略語(隠語)でUrology(泌尿器科・泌尿器)のことです。デリケートな事のため、隠語でウロと呼ばれます。

ウログッズなどというと、泌尿器関連グッズのことです。ウロバッグは泌尿器バッグという感じですが、隠語として医療業界で通用します。

ちなみに尿をする、おしっこするということは、英語でurineといい、発音的にはユーリンに近いものになります。

広告

ハルン(Hr、Harn)とは尿のこと

ハルンとは、尿を意味する医療用語のことです。ドイツ語のHarnから来ており、職場によっては「Hr1000ml」とか「H」などの略語で記録しているところもありますが、一般的にはHRがHeart Rateで心拍数なのであまりお勧めではないようです。

広告

カテとは、カテーテル(Catheter)とは

カテーテルは、体内に入れている管のことです。図でいうとオレンジの部分がカテーテルです。バルーンがくっついているタイプなのでバルーンカテーテルで通じます。

バルーンカテーテル(尿道カテーテル・フォーリーカテーテル)とは

先端が膀胱に入ったら抜けてこないように先端に水をいれる風船がついているタイプのカテーテルです。図のようなタイプのものです。

バルーンカテーテルという言葉をよく聞きますが、この部分のみをいう場合にはフォーリーカテーテルという方が一般的かもしれません。

サンプルポート

検査などのために、シリンジ(針無し注射器)などで途中から採取するための穴です。

膀胱瘻(ぼうこうろう)と膀胱留置カテーテルとの違い

膀胱瘻は、恥骨の上・下腹部から腹壁と膀胱に瘻孔をつくり、膀胱内にカテーテルを挿入して、尿を体外に排出する方法です。通常、カテーテル排尿の場合は、尿道を通す方法が採られますが、膀胱留置カテーテルによる排尿に問題がある場合は膀胱瘻の適応になります。膀胱瘻は、下腹部に穴を開けてカテーテルを通している点が違っています

導尿チューブ

バルーンカテーテルと接続し、採尿バッグまで尿をつなぎます。チューブが途中で折れていたりねじれていると閉塞してしまい尿が流れない状態となるため注意が必要です。

ミルキングとは

浮遊物などが多く、バルンが詰まりやすい方には、スムーズに採尿するためにミルキングが必要なことがあります。ミルキングという言葉は「乳しぼり」という意味があります。カテーテルを上から下に、指先で押していきしごくき、尿が流れやすいようにします。

ミルキングという言葉自体は、排尿以外にも血液や廃液のドレーンなどをしごくことにも使われます。

ドレーンとドレナージ

おまけですが、ドレーンとは、体に溜まった水分や血液、リンパ液などを体外に排出するために用いられる管のことです。排出するための管なので、ただ体内に入れた管であるカテーテルとは違います。排出を促すことをドレナージと言います。

ウロバッグ、採尿バッグ・ハルンバッグとは


採尿バッグは、導尿チューブを流れてきた尿が溜まる場所です。目盛りがついています。ハルンバッグ・ウロバッグ・尿バッグなど職場によって呼び方は違いますが、おそらく同じ採尿バッグを指しています。

スムーズに尿が流れるように、採尿バッグは常に膀胱より下に位置するようにします。

バルーンカテーテル留置・採尿バック有りは尿路感染に注意

バルーンカテーテル留置中は、感染等の合併症を生じるリスクが高いです。

採尿バッグがある方の感染源と注意すること

陰部の汚染、採尿バッグの排尿チューブ、導尿チューブとカテーテルのつなぎ目などから感染することがあります

清潔な手で処置する陰部を清潔に保つ採尿バッグを不潔な場所に置かない(床につけて置いたりしない)など注意しましょう!

尿路感染症の徴候

腹痛、発熱、排尿痛、残尿感、不安感、悪心嘔吐、食欲不振、尿の混濁など様々です。

水分を1500ml以上摂取するようにしましょう。

これらのことを念頭に置いて介護・看護していきましょう!