スポンサーリンク

高齢者の血圧の正しい測り方。基準値、異常値。食事・入浴・運動・精神状態・測定時刻などにより血圧は簡単に上下します。

sinzou

血圧が変化する原因は大きく分けると2つ!

血圧は、心臓からたくさん血液が全身に送られている時は高くなります。

また、浮腫みに代表されるように、末梢(末端)の抵抗(血管の通りにくさ)が高くなると高くなります。

極端な話をすれば、値が流れないように手足を縛ったとしたら、血圧は一気に上昇しますよね。

★ こちらの記事も注目!

バイタルサインの正常値と異常の意味 意識、呼吸、体温、サチュレーションSpO2、脈拍、血圧

 

スポンサーリンク

運動をしている時と運動直後は血圧が上昇し、その後血圧は低下する

運動をしている時は、筋肉にたくさんの血液が供給されます。

この時のイメージは、血管にいっぱい血液を送り出し、筋肉の所で溢れださせるという感じです。そのため、血管の中の圧は高い状態になります。

筋肉は運動するとき酸素をたくさん必要とします。血液には酸素がいっぱい含まれておりますので、酸素の需要に合わせて心臓は動きます。

その後、運動を止めると筋肉はそれほど酸素を使わないため、心臓から送りだされる血液の量も減少、筋肉での抵抗も減少、その結果血圧は低下します。

血圧の測定は条件にも注目

血圧は一定なわけではありません。時間や環境によって変動していくものです。

そのため、血圧の測定は、測定する時刻、測定する時の姿勢、測定手順、測定前に何をしていたかをしっかりと整えます。

血圧の基本的な測定方法

以下は血圧ドットコムの血圧測定に関する記事です。

高齢者の場合、必ずしも椅子に座れるわけではありませんので、毎回同じ条件で測定ができるように測定をする人で情報共有します。

血圧の測定方法

【図】血圧の正しい測り方

血圧は、時間や環境によって変化する

血圧は1日を通じて一定ではありません。食事、飲酒、喫煙、運動、入浴、仕事など、状況によって数値は変動します。血圧管理の第1歩は、正しい血圧測定から始まります。

血圧を正確に計るためには、以下のポイントに注意してください。

1. 体の力を抜いてリラックスする

トイレを我慢しているときや、出かける直前のあわただしい時間などには血圧は上昇してしまいます。また、測定前1時間位の間には、食事・入浴・運動は避けてください。

2. 座って測定する

血圧は、「心臓の高さにある上腕の血圧を座って計測した値」が基準です。必ず座って測定しましょう。

3. 毎日同じ時間に測る

血圧は、時間によって変動するため、ほぼ同じ時間に測らないと、日々の変化がつかめません。

4. 信頼できる血圧計を選択する

上腕部にカフを巻くタイプのものがおすすめです。手首や指先で測る血圧計では正確な測定ができないことがあります。

引用血圧ドットコム> 正しい血圧測定 > 血圧の正しい測り方

次のページでは、高齢者の血圧測定をする際に知っておきたい留意点をまとめました。こんなときは血圧が高く出るよ、食事の後は?などを確認していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連キーワード
介護, 介護業務】の関連記事
  • 予算1万円!高齢者向け良コスパの入浴・浴室・お風呂グッズ特集!
  • 褥瘡リスクアセスメントスケール評価表・予防と対策
  • 食事・水分摂取の自助具ベスト3、ネットで購入し介護現場で喜ばれた
  • 居宅療養管理指導は医師・歯科・衛生士・薬剤師・管理栄養士等が定期的に介護生活の指導

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。