スポンサーリンク

身体が、老廃物や有害物を排泄する機能、知ってた?

皮膚

皮膚は食べ物から出た水と塩分を汗腺を介して排泄します。

人体の塩分濃度は、身体の中にある水分量の約0.85%といわれています。 体重の約60%は水分なので、 体重60kgの成人なら、体内には36kgの水があるということです。 ですので、単純に計算しますと 36kgの水のうちの0.85%が塩分ですので、306gの塩分が身体の中に存在している ということになります。

汗の成分

汗の成分は、その99%が水ですが、残り0.05%が塩分、その他鉄分や乳酸、カリウムなどが含まれています。これは汗のかき始めの割合で、長く汗を書いていると、塩分の濃度は0.5%程度まで上がります。

スポンサーリンク

肺は二酸化炭素と多少の水を気管と鼻を介して排泄します。

二酸化炭素はグルコース(ブドウ糖)を、エネルギー源として燃やした結果に生じます。 身体は生きている限り、エネルギーを原料に代謝して、二酸化炭素を排泄します。

肝臓

肝臓と胆のうはビリルビンを排泄します。

これは、肝臓で赤血球のヘモグロビンを分解した結果でき、胆汁として大便の中に排泄します。

胆汁の役割はこちら

他にも、以下の有害物質アンモニアを腎臓で排泄される尿素に代謝しているのも肝臓です。

スポンサーリンク

腎臓

腎臓は、心臓から拍出された血液の3割を受け、尿素と水と無機塩類(ナトリウム、カリウム、塩素、リン、カルシウム、マグネシウムなど)を膀胱と尿道を経由して排泄します。

人間がタンパク質などの窒素化合物をたくさん取り入れます。その過剰分のほとんどが尿の中に尿素の形で排泄されます(成人は尿素を 1日 30 g ほど排泄する)。

大腸

大腸は大便を肛門を通して排泄します。

大便は食べ物から栄養分を取り除かれたあとの残りかすや、細菌の死骸、腸の壁が剥がれたものなどです。

詳しくは知らなかった大便(うんち・うんこ)のこと!

デトックスは様々

高齢者は、身体の中で分解する能力や速さ、老廃物を排泄する能力ともに低下してしまいます。

上記であげた5種類の排泄器官は分かりやすいように一部を抜粋した形です。 大便が出ないことや、汗をかかないことなどが注目されますが、おしっこや呼吸も重要な排泄の仕組みです。

どうでしょう?介護するなかでバイタルサイン、水分摂取量、排泄などを記録することと少し繋がりそうじゃないですか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連キーワード
健康・医療, 医療知識】の関連記事
  • 「麦茶」が一番!介護施設や子どもの飲み物は成分的にほうじ茶より麦茶
  • 「湿度の本質」 飽和水蒸気量と気温からと冬の適切な加湿効果を考える
  • 糖尿病の原因と検査、症状、三大合併症(神経症、網膜症、腎症)、対応
  • 血圧測定は寝たまま臥位で有効?座位・立位との差や違いは?

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。