スポンサーリンク

福祉という言葉は、非常にわかりにくいです。

障害者を助けることが福祉なのか、お年寄りを相手にすることが福祉なのか、弱者の生活を補うことが福祉なのか・・・。

その漢字の意味の難しさ、福祉という言葉が用いられるいろいろな場面があり、様々な解釈が存在します。

福祉分野だと言われる自分でも、本当の福祉とは何なのだろうと常に疑問を持ちながら、本当の福祉を探っているという状態です。

ということで、福祉の定義についてはそれぞれが考えて目指していくもので、正解はなく、間違いもないという抽象的なものになっているのかもしれません。

福祉(ふくし)とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉

幸せって言葉はあいまいで非常に難しいけれど、「ゆたか」ってことばは「たくさんある」っていう意味合いで使われることが多い。

社会福祉っていうと、自然と未成年や高齢者・障害者への支援や介助などに焦点が当てられてしまうが、なにか違和感を感じる。

それでは差別的な言葉になってしまう。福祉の意味って何だろう。

もう一度考えると、一つ見えてきた。

スポンサーリンク

福祉の「福」は、この世の中に存在するもの、仕組み、社交、娯楽など何でも

人類が進歩してきたなかで発明されたり発見されたりして、その時代に適する形でどの時代も提供されてきている。

たとえば、電車・車・飲食店・学校などのインフラやサービス、職業、文化や娯楽、社交なんでもあてはまると思う。

いわば、文明の産物、それらを通して得られる人としての喜びや安心のようなものをひっくるめてすべて福。

スポンサーリンク

福祉の「祉」は、神の恵みっていう意味がある

福祉の「祉」を漢字辞典で調べると「神の恵み」というような意味がでてくる。ここで、神が出てきてしまう。何か格差を感じる。

いろいろなものは先代の人たちの作り上げたものだという意味で先代は神様という解釈ならありだが、国家や健常者が恵んでくれているものだという解釈だとこれは差別になる。

もともと、福祉って言葉は戦前には存在しなかったのに、敗戦後に作られた憲法によって仕方なくあてはめられたのがこの漢字だった。

本当に主観的にだが、現代の福祉という言葉の使われ方からは、社会的に力のある人が神に近い人で、障害や高齢者が弱い人という表現に見えてしまう。

憲法に書かれているだけあって、それは多少ながら社会に格差を与える要因になっている気がする。

福祉っていう言葉の本当の意味を考えても答えなんて出ないのだが、何となくヒントが見えてきた。

福=”人類が進歩してきたなかで発明されたり発見されたりしたもの”であるならば、それが豊かに幅広くいきわたり、安心で幸せなことが福祉であると思う。

こうすれば、福祉の定義はみんな平等な印象になる。

福祉を考える例

たとえば身体的障害が存在しているときに買い物をすることを考える

行動範囲が狭くなる→お店を選択するときの選択肢が減る

学校を選ぶとしよう。

階段昇降ができない→学校の建物によって選択せざる得ない(バリアフリー化はされてきているが)

結局は福祉って、「福」を選択するときの選択肢の多さが第一段階であると思う。

衣料品のメーカーが低価格で高品質の衣類を販売したりすることもある種の福祉であり、これが社会貢献ということになる

安心安全な食品を消費者が求めやすい価格で提供することも福祉となる。

なかば社会主義的であるが、根本的には資本主義の考え方で結果として社会にも+、企業にも+という関係であると思う。

政府や医療や介護の分野だけで福祉を考えても、その場の問題解決にしかならないと思う。

もうじき、政府よりも企業が力を持つんじゃないかとも思う。

企業が国家予算より多くのお金を動かしているわけであるし。

そうしたら、政府がするような福祉分野の役割を、企業や政府外の組織が担うことに近くなると思う。

介護保険や補助金前提で生活を組み立てることは福祉ではない

福祉について考えるとき、介護分野のケアマネージャーなどは、まず初めに介護サービスの利用のことから生活基盤を組み立てるケースに多く出会う。

世の中にはいろいろなサービスやインフラがあり、その人にも個性や趣味嗜好いろいろな要素があるが、なぜか介護サービスを目の前のテーブルに並べて選択させる。

もちろん福祉サービスというのは経済的に利用しやすいですが、その方の人生観を理解したうえで現実的に利用できるかわからなくてもその他の選択肢も目の前に並べることは大切。

自分の生活を見てみても、仕事という要素が生活の多くを占めたとしても、その仕事は家族のためや楽しみのために行っているもので、仕事が生活の中心ではない。

生活の質、人生の考え方について詳しくはICFの記事で

市場価値から個人価値が求められる時代へ

衣料や食品を例にしたけど、今いろいろな業界で価格戦争が起きている。

これがいろいろな企業人を苦しめているけれど、価格「戦争」はもうじき終わると思う。

低価格の火付け役に便乗して低価格傾向になってしまったが、目先のことしか考えずその企業の存在意義や差別化要因のことをわすれてしまっていたから。

火付け役が「低価格」を持ち出した背景には、「お客さんが何を求めているか」という個人価値の追求があり、その結果うまれたのが低価格だった。必ずしもすべてのブランドやメーカーに対して低価格を求めているとは限らないし、自分の組織の存在価値・意義を常に問いかけていれば、きっと自分の組織が社会に貢献するための方法が見えてくるはずだ。

このままでは、企業が首を絞め合う結果になってしまうし、今あるもので生活が潤ってきたら、もっと新しい快適をもとめるのが人類だ。

もっと社会に目をやり、何が社会から求められているのかという部分に注目される

現存の商品やサービスでうまくいかなくなっているのだから、まったく新しい需要が潜んでいるはずである。

もし、自分の組織だけでそれが生み出せないのならば、自分たちの領域や、他の領域と協力・協働して、社会から必要とされている商品やサービスを創造していく方向に向かうと思う。

いろいろ考えてみると、過去の人類の変化や文化においても、このように幸せや繁栄を求めて創造を繰り返してきている。

生きる上での優良な人生の「選択肢」を増やしていくことが福祉かも

その多くの選択肢から本人が選択したものが、個性を産み、その人らしさの表現にもなるから

現代の日本における福祉の創造では、個々の分野が独立して何かをしていても「本当の福祉」にはならないと思う。

特に医療福祉介護分野。

個々の分野が独立していてはだめな理由は、文化的に日本人には、すべてのことやものにつながりがあり、その調和の中で暮らすという美学が存在するからであるとおもう。

あらゆる問題も、そのことだけ取り出してどうこうしてもみんなつながっているのでうまくいかないんじゃないかなぁ。

これからはコラボレーションで、すべての人にたくさんの選択肢を・・・かな。

スポンサーリンク
介護業界の処遇が良くなってきています!

介護福祉士の声から生まれた転職サイト【介護求人ガイド】

介護求人ガイドは2014年にオープンした「転職をお考えの介護福祉士さんのためのサイト」です。
介護福祉士さん向け求人を中心に、「こだわり条件で選ぶ求人システム」「現役の介護士さんインタビュー」「介護士さん向け情報"介護ネタ帳"」など、介護業界にまつわる情報をわかりやすく紹介しています。人材派遣・紹介予定派遣・人材紹介など、好条件の求人案件も豊富です。

介護専門求人サイト【かいご畑】

かいご畑の最大の特徴として、かいご畑に掲載されている派遣求人で就業が決定した場合、介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます! 関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を6,000件以上掲載。介護の資格をこれれから取ろうという方にお勧めです!

この記事が役立ったら「いいね」お願いします。

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

フォロー大歓迎です! 

おすすめの記事