血糖値、LDL・HDLコレステロールの基準値と異常の意味、健診で動脈硬化チェック

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー、グリコヘモグロビン)、空腹時血糖値、血中脂質(悪玉LDLコレステロール・善玉HDLコレステロール・中性脂肪)の意味、基準値

動脈硬化は加齢に伴って誰にでも起きますが、生活習慣によって血管老化のスピードには個人差があります。

健康診断で血液検査を行い「血糖値が高い」などの結果が示されますが、その検査の意味を知るとより健康への理解が深まると思います。

この記事では、血管の老化という観点から、「血糖」「脂質(コレステロール)」の検査基準値とその意味を紹介します。

血糖値の検査、血糖が高い状態とは

血糖と聞いても今ひとつピンと来ないかもしれません。血液サラサラが良いといわれていますが、糖が多いとどうなるのでしょうか?

極端な話、糖が多いと、血液が水飴になります。ねっちょりと血管の壁にくっついて、血管を傷つけるのです

血糖値が高い状態というのは、血液中に余分な糖分があふれている状態なので、「運動」と「食生活」を改善することが大切になります。

空腹時血糖値は空腹時に余分な血糖がどれくらいあるか

空腹時血糖値の意味

10時間以上絶食した状態で、余分な糖が血液中にどれくらい存在しているかを示す値です。

空腹時血糖値の基準値

110mg未満だと良好だといわれます。130mg以上だと注意が必要です。

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー、グリコヘモグロビン)の意味と基準値

HbA1cの読み方は「ヘモグロビンエーワンシー」です。グルコース(血糖)のグリコをとって「グリコヘモグロビン」という場合もあります。

HbA1cの意味

ヘモグロビンは赤血球のたんぱく質で、寿命は4か月くらいです。

赤血球と言えば、酸素を運ぶ役割ですよね。しかし、4か月酸素を運んでいる間に、血中のブドウ糖がこびりついてくるのです。

そのこびりつき具合(結合量)を測定し、過去1~2か月の血糖値の状態が反映されるという最近注目の指数です。

HbA1cの基準値

5.6%未満が推奨されいます。6.5%になると糖尿病が強く疑われます。

 

広告

血中脂質(悪玉LDLコレステロール・善玉HDLコレステロール・中性脂肪)

koresute

脂質とはあぶらです。上記にもありましたが、糖は赤血球(ヘモグロビン)にもくっつきますが、コレステロールにもくっつきます。

糖がくっついたLDLコレステロールは血管の内皮細胞に取り込まれて、有害物質を産生します。これも血管の壁を傷つける原因になります。

善玉が多く、悪玉だ少ない状態は、血中に余分なコレステロールが少ない状態であり、血管にとって良好な状態と言えます。

悪玉LDLコレステロール

LDLコレステロールの意味

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、コレステロールを血中に増やし、血管壁に蓄積して血管を傷つけます。

LDLコレステロールの基準値

120mg/dL未満に抑えることが推奨されいます。

善玉HDLコレステロール

HDLコレステロールの意味

HDLコレステロール(善玉コレステロール)は、血管壁などにたまったコレステロールを回収する働きをしています。

HDLコレステロールの基準値

40mg/dL以上が推奨されています。

中性脂肪

中性脂肪の意味

内臓脂肪が蓄積しすぎると、内臓の中性脂肪が分解されてFFA(遊離脂肪酸)が血中にあぶれ出します。善玉コレステロールが減少し、脂質異常に。

中性脂肪は、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の悪性度を高める、HDLコレステロール(善玉コレステロール)の数を減らす作用もある。

中性脂肪の基準値

150mg/dL未満が推奨されています。

 

LDLコレステロールが高い、HDLコレステロールが低いと動脈硬化リスクが上がる

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)、HDLコレステロール(善玉コレステロール)のバランスが大切です。

検査値に異常がある場合、血管壁が傷ついている可能性は高いです。

血糖と合わせて覚えておきたいですね。