スポンサーリンク

高齢者施設・介護施設・老人ホームや、保育園や児童クラブなど、幼児・小学生くらいの児童の飲み物は何が良いかを、栄養士さん、薬剤師さんなどから意見を聞きまとめました。

介護施設では、ほうじ茶を日常の飲み物にしていることが多いです。一般的に自立していて家で飲んでいるものと言えば緑茶ですが、施設だとほうじ茶…。

理由としては「ほうじ茶の方が安いこと」や「緑茶にはカフェインが含まれるから」ということは耳にしますが、それだけなのでしょうか?

この記事では、ほうじ茶の良さと、お年寄り・高齢者にお勧めの飲みものについて考えて紹介していきます。

緑茶・ほうじ茶・ウーロン茶・紅茶は全部同じ「茶」からできている

緑茶とほうじ茶はもともとは同じ素材からできています。製法が異なります。

緑茶にも、煎茶や番茶などがありますが、基本的には同じです。

ほうじ茶は製造過程で高温を加えるため緑茶と比較してカフェイン・タンニン・カテキンといったお茶の効能と言われる成分が少なめです。

スポンサーリンク

緑茶にはカフェインが多いと聞きますが、高齢者や子どもに影響があるの?

カフェインは中枢の興奮(覚醒作用:目が覚めるなど)、利尿(尿が出やすくなる)、胃液分泌亢進作用の作用があります。

覚醒作用の点から考えると高齢者は不眠の方が大変多く、15時以降のカフェイン摂取はできるだけ避けた方がいいと考えられます。

子どもの場合は、大人用のお茶は効能が強いため、こども用という類のうすめのものの方が望ましいと思います。

カテキン=健康ではない、酸化されタンニン酸に変わると胃に悪いことも

ポリフェノールの一種である「カテキン」が健康によいとよく聞きます。

ポリフェノールは抗酸化作用があり、癌などの原因となる「活性酸素」を減らしてくれると話題になっています。

しかし、カテキンからできるタンニンは胃に負担をかけるため、消化機能が弱まっている高齢や、胃腸の機能が未発達な幼児・子どもは胃もたれや胃痛の原因になることもあります。

タンニンは鉄分の吸収を阻害する

タンニンは鉄分の吸収を阻害することがあり、貧血の方は飲み過ぎには注意が必要です。

お茶にはカリウムも含まれるため腎機能障害では控える

お茶にはカリウムも多く含まれています。カリウムは腎臓から排泄されているので腎機能が低下している方には摂取を控えていただいています。

高齢者は腎機能が落ちていることが多いのでその点も注意なようです。コーヒー、玉露(濃い緑茶)はカリウムが豊富に含まれています。麦茶は少ないようです。

『麦茶』はみんなに安心な飲料!


麦茶の原料は大麦です。茶とはついていますが、他の茶とは違い茶葉が材料ではありません。

成分的にもカテキンやカフェインは入っておらず、亜鉛・リン・カルシウムなどのミネラル類、食物繊維やタンパク質、リノール酸なども含まれる健康サポート飲料です。

夏ならば特に麦茶はおすすめできますね!ただし、体や内臓が冷えやすいというデメリットもあるのでその点は注意です。

スポンサーリンク

緑茶と内服薬とで飲み合わせの問題はある?

緑茶と内服薬では飲み合わせが問題となるものはほとんどありません。

以前、鉄剤と緑茶は併用してはいけないとの説がありましたが、影響はないことが分かってきています。

鉄剤との併用については、鉄剤を飲んでいる方は貧血であるという点が関係していたと考えられます。

高齢者に緑茶を提供するとしたら・・・

緑茶を飲みたいとおっしゃっている方に、『絶対緑茶は飲んではいけない』というほどのものではないと思いますが、水の代わりに1日中摂取するのはほうじ茶の方が好ましいと思われます。

ほうじ茶は、緑茶と比較して体に対する影響が少なめ(逆を言えば効能が少ないとのも言えます)なので、高齢者の施設では頻用されているのかもしれません。

緑茶のコストとほうじ茶のコストは大幅な違い

施設などで緑茶を導入するとしたらコストや手間がかかります。
実は私の家族も効能を期待して一般的にはカフェイン量が少ないと言われている水出し緑茶を日常的に飲用していたのですが、ある時子供がなかなか夜眠れていないことに気づき、緑茶からカフェインレスのルイボス茶に変えたところ、子供がよく眠れるようになりました。緑茶のカフェイン含有は結構高いようです。

不眠の原因は緑茶やコーヒーのカフェインの可能性もある

コーヒーを夜飲むと眠れないくなるということは容易に予想ができますが、緑茶も意外に不眠の原因になります。

緑茶を毎晩飲んでいる不眠気味の高齢者が、白湯に変えたところ不眠が解消されて寝つきが良くなったということも聞きます。

また、夜は早く寝てしっかり成長ホルモンを分泌させることが望ましい、幼児・児童も緑茶からカフェインレスのルイボス茶に変えたらよく寝るようになったという話もあります。

効能たっぷりのごぼう茶もおすすめ!

お茶には今まで述べてきたような「効能」が含まれていますが、ごぼう茶はカフェインなどは気にせず飲めます。

カリウムは含まれます。自分で作るとたのしいです。

ごぼう茶の作り方の動画

カフェイン含有の飲み物は、できれば夜は飲まないこと!

カフェインは覚醒したいときにはメリットもありますが、一般的に言えば15時以降の摂取はできるだけ避けた方が良いです。

不眠や胃の荒れの原因になることもあります。

ほうじ茶なら大丈夫というわけではありませんが、緑茶やコーヒーに比べればカフェインなどの成分は少ないです。

夏ならば麦茶もいいですよね!いつも飲む定番の飲み物は、メリットデメリットを知ったうえで提供・摂取したいですね!

スポンサーリンク

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしてください! 

おすすめの記事