褥瘡(じょくそう、床ずれ)リスクアセスメントスケール評価表・予防と対策

褥瘡(じょくそう)リスクアセスメントツールの選択、OHスケール、ブレーデンスケール、褥瘡危険因子評価表(DESIGN)について

褥瘡(じょくそう)ケアのために、ある程度エビデンスに沿ってリスク管理していく流れができつつあります。褥瘡におけるリスク管理とは、褥瘡発生の危険因子を評価することから始まります。

そこから予測、選択、効果測定、再評価というPDCAサイクル(看護・介護過程)に繋がっていきます。

その際の評価方法である「リスクアセスメントツール」について、在宅ケアに活かせる褥瘡予防のためのポジショニング―やさしい動きと姿勢のつくり方と、床ずれ・褥瘡予防対策の堀田予防医学・統合医療研究所を参考にして紹介したいと思います。

「OHスケール」は褥瘡予防対策のアセスメントで使いやすい

1998年に厚生労働省長寿科学総合研究(班長:大浦武彦)において作成されたスケールで、日本の実態に合わせた危険因子が抽出されています。

対象者の個体要因に対し、「危険要因」4項目、「警戒要因」2項目により評価します。OHスケールは危険要因のレベルごとに褥瘡発生率や治癒期間も算出されています。

こんな疑問を解決できます。

1:褥瘡予防用具の導入時期は?
2:リスクのレベルによる適正な褥瘡予防用具の選び方は?

科学的なのに簡単な手法です。

OHスケールを用いた手法をご紹介します。OHスケールは、日本褥瘡学会理事長の大浦武彦先生が提唱し、堀田由浩が一部改変を行った褥瘡発生アセスメントで、厚生労働省の褥瘡研究による800例以上の臨床データを解析して考案されたものです。信憑性の高い科学的な手法でありながら、判定が簡単でわかりやすいため、多くの病院で導入されております。

OHスケール判定|床ずれ・褥瘡予防対策の堀田予防医学・統合医療研究所

OHスケールでみる4つの褥瘡の危険要因

OHスケールでは以下の要因に対し、0~3点のスコアを付け、合計点数(危険要因レベル)により褥瘡発生率と治癒期間の目安を求めることができます。

  1. 自動体位交換能力
  2. 病的骨突出
  3. 浮腫
  4. 関節拘縮

OHスケールでみる2つの警戒要因

  1. (病的)皮膚湿潤の有無
  2. 栄養状態の低下の有無

日本人の褥瘡対策を考えるとき、最も分かりやすく核心をついている評価方法がOHスケール

褥瘡対策に携わる時、OHスケール判定|床ずれ・褥瘡予防対策の堀田予防医学・統合医療研究所は読む価値ありです。

大浦 武彦先生、 堀田 由浩先生の本もあります。2013年7月発売。

OHスケールおよび、褥瘡患者のマットレス選択に迷う時、OHスケールによる褥瘡予防・治療・ケア ― エビデンスのあるマットレス・福祉用具の選び方 は参考となります。

広告

「ブレーデンスケール」は世界でも使用頻度が高く、予測妥当性に優れている

アメリカで開発されたブレーデンスケールは、世界でも多く使用される褥瘡評価スケールです。褥瘡発生の危険点について、介護・看護力の違い(日本の病院の場合は14点、施設の場合は17点)により危険点を変えて評価されています。

褥瘡管理加算などの算定のために病院では入院時に採点されることが多いスケールです。施設や在宅でも早い段階にリスクチェックの一環として実施すると効果を発揮します。

ブレーデンスケールでの6つの評価項目

  • 知覚の認知(圧迫による不快感に対して適切に対応できるか)
  • 皮膚の湿潤
  • 活動性(行動の範囲)
  • 可動性(体位を変えたり整えたりする能力)
  • 栄養状態
  • 摩擦とずれ

広告

褥瘡危険因子評価表(DESIGN)

主に看護師向けの評価表で、危険因子に対してケアの必要がある状態かという評価と、褥瘡そのものの程度や壊死の状態なども記載する仕様になっています。ゆえに「DESIGN (日本褥瘡学会)」をベースにいくつかの評価スケールが組み込まれた者になっています。褥瘡ケアや各種評価表についてある程度の理解がないと正確な評価は難しいと言われますが、リスクの高さを図る評価ではなく、褥瘡予防・対策としてのケア介入の必要性をスクリーニングするという意味合いが強い評価表のため、実施することにより、褥瘡リスクが高い人を見落とさず早期から介入できる効果は高いと言われています。

褥瘡ケアは早期発見が大切!危険要因は頭に入れておいて!

褥瘡の危険因子、知覚の認知病的骨突出皮膚の湿潤活動性(拘縮、体位交換能力)浮腫栄養状態摩擦とずれ という項目が危険因子として各スケールに取り上げられていました。

ケアを行う中で、これらの項目についてスクリーニングしながら接すると早期にリスクに気付けるかもしれません。

褥瘡について調べている方に、こちらの記事も読まれています。
褥瘡(じょくそう、床ずれ、デクビ)の原因、予防対策、分類と記録のまとめ(写真有)
褥瘡ケア(じょくそうケア)、ラップ療法とフィルム療法、入浴と洗浄は?


この本は介護、ポジショニング実務に関わる方に価値ある一冊です。