スポンサーリンク

介護ロボット元年!?話題の介護ロボットは業界に浸透するのか

日本はドラえもんや鉄腕アトムなど、人を助けと共存するロボットが生活に入り込むことにある程度イメージがあるように思える。

しかし、実際に2本足で歩行して、ちょっとおしゃべりするロボットとして、ホンダのアシモが登場したときに「まだこんなもんだよな」と心のどこかで思ってしまったのではないだろうか。

漫画でいろいろなロボットを見てきた日本人は、人間の形をしたロボットこそ「ロボット」だという固定観念ができてしまっているかもしれない。

しかし、日本で発展している産業用ロボットは、人間の形はしていないものだ。その中でも、介護ロボットというジャンルが生まれたのはここ最近。

医療機器などと違い、どこまでが介護ロボットなのかという明確な線引きは無い。

介護ロボットの分類といくつかの実例を紹介していく。

 

広告


介護ロボットの分類

介護支援型のロボット

介護支援型とは、介護する時の業務負担の軽減や安全向上などをもたらすロボット。移乗・入浴・排泄などに活躍する。

自動排泄処理機

移乗支援ロボット

11-0215-r

 

自立支援型のロボット

歩行・リハビリ・食事・読書など介護される側の自立支援をするロボット

歩行アシストロボット

c120729a

 食事支援ロボット

140206_img5_org

コミュニケーション・見守りのロボット

癒してくれる、見守りをするロボット


thumd1269

介護業界でのロボット導入の壁は、施設の人員基準かも?!

介護保険法で定められている介護施設や介護サービスを運営する場合には、利用者何名当たりに介護職員何名という明確な基準がある。

仮に職場にロボットを導入する場合、その頭数にロボットは入らないのが現在の仕組みだ。

例えば、ロボットが排泄物を吸い取ってくれるならば、おむつ交換などの介護にかかる時間は大幅に短縮される。

果たしてロボットは、人間の代わりに介護を支える「人員」になれるのか。

倫理的問題もあり、なかなかロボットにやってもらうことを良しとしない業界人も多いが、仮に排泄が全介助の人は自動排泄処理機を導入したとしても、人員は今まで通り必要で人件費は浮かない。

それでは経営上はロボット導入によるうまみはあまりないので導入が進みにくいかもしれない。

施設で経験の無い器具を在宅介護に普及できるか

自動排泄処理機や、移乗支援ロボットなどは、在宅介護でこそその力を発揮するかもしれない。
特に自動排泄処理機は介護保険適応になり、在宅介護場面では福祉用具レンタルとして1割負担で利用できるようになるからである。

人と人が接するのが介護だという常識をまず崩し、ロボットを人員基準の一部に加えて換算できるようになるかが今後の課題かもしれない。

参考記事

介護ロボット普及推進事業

公益財団法人テクノエイド協会

 

関連キーワード
テクノエイド, 介護の関連記事
  • 補装具作成・修理・再支給、在宅・高齢者住宅などで利用できる制度と手順まとめ
  • ペースメーカーとは 留置手術後の合併症、生活上の注意点
  • 介護領域のビッグデータ解析、人工知能化
    介護領域のデータベース活用、ビッグデータから科学的介護、人工知能化へ
  • 人工透析(血液透析と腹膜透析)と腎不全の介護のポイントまとめ

この記事が役立ったら「いいね」お願いします。

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

フォロー大歓迎です! 

おすすめの記事
心理・思想
この記事の見出し0.1 身体的ストレス0.2 精神的ストレス0.3 環境的ストレス0.4 社会ストレス1 ストレスの継続を避ける逃げ道を探し...