スポンサーリンク

風邪と感冒症状とは?一般用医薬品(OTC)の総合感冒薬・総合風邪薬について、副作用、アスピリンなど

20160301_195822

薬局で売っているような「総合感冒薬」の多くは、かぜ症候群の臨床症状を弱める成分が一錠に対し複数入っている一般用医薬品(OTC)です。それに対し医療用医薬品(ETC)は、一錠に1種類の有効成分しか含んでいないものが多いです。また、一般用医薬品は医療用医薬品と違い、医師の処方がなくても購入できるという特性があります。このため薬品の併用や飲み合わせによる危険な作用が起きる可能性が多いと言われます。

風邪と感冒症状とは?診断・病名なの?

「風邪(かぜ)」について

一般的に、上気道(鼻・咽頭・喉頭)の急性炎症の呈する疾患の総称を「かぜ症候群」といいます。最近ではその症状が上気道だけでなく下気道(気管・気管支・肺)にまで広がっていることが多く、さまざまな原因による気道の炎症症状を総称する意味で「かぜ」または「かぜ症候群」という病名が使われています
つまり「かぜ」は独立した病気ではなく鼻から気管支にいたる気道粘膜の感染性あるいは非感染性の急性炎症のいくつかの組み合わせの総称で、厳密に言うと「急性鼻炎」「急性喉頭炎」などの病名となるが、ほとんど同時にこれらの症状があらわれるので、「かぜ症候群」と呼ばれているのです

「感冒症状」の具体的な症状とは

風邪では鼻炎症状が共通して起こるほか、鼻咽頭粘膜の不快感・乾燥感、くしゃみ、鼻づまり、水様鼻汁、発熱、咽頭痛などがみられます

これら鼻炎症状や発熱、咽頭痛などの一般的な症状を感冒と呼んでいます。

「総合感冒薬」の特徴

一般用医薬品の総合風邪薬は、消費者が呈するさまざまな風邪の諸症状に対して、効果を感じていただくために複数の有効成分をもつ薬物を混ぜ合わせたものになっています。

スポンサーリンク

総合感冒薬に含まれる主な成分

アスピリンは歴史ある解熱鎮痛薬

「バファリン(ライオン)」の主要成分は、優しさではなくアスピリンです。解熱鎮痛薬としては、最も古くから用いられている薬物です。

アセトアミノフェンは副作用が少ないと言われる解熱鎮痛薬

アスピリンと同じ解熱鎮痛薬という分類に入る薬物です。比較的、副作用が少ないので一般用医薬品に使用されている。

マレイン酸クロルフェニラミンは鼻詰まりに効く抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬(H1遮断薬)という分類の薬物で、鼻づまりなどの原因となるヒスタミンの作用を遮断して症状を和らげます。また、飲むと眠くなる作用があります。

dl-塩酸メチルエフェドリンは咳止め

咳止めの効果のある薬物です。

無水カフェインは眠気を予防します

無水カフェインは、眠気を防ぐ薬物です。

総合感冒薬を使用するにあたり

薬の作用と免疫機能

一般用医薬品に含まれる薬物の作用で症状がおさまっても、病原体をすぐに抑制できるわけではありません。体の免疫機能はまだ病原体と闘っているので、栄養のある食事をとり、十分な睡眠をとるようにすることが大切です。

総合感冒薬の副作用の危険性

一般用医薬品(OTC)は安全性が確認された商品ではありますが、薬の成分が重なることで、副作用や過剰作用を起こす確率が高くなります。
薬の併用や、食べ合わせ・飲み合わせによって相互作用を起こし、薬が効かなくなることや、薬の作用が強くなって、危険な作用を起こすことがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

飲み薬は腸で吸収されて血液に混じって全身に作用します

飲み薬は血液に直接混ざって全身をめぐるため、 薬剤の血中濃度がとても高くなり、副作用の危険が高くなるのです。

そのために、喉や鼻の症状に対して薬品を作用させようとしても、飲むと薬物は血流を通して全身に存在しています。

お酒を飲んだ後に、スポーツドリンクを飲むと吸収が良くなって危ないよ!」と巷で言われますが、薬も同様です。

一般的な総合風邪薬でも、飲んだら全身に薬物が一定期間存在しているという意識をもって、薬の併用や食べ合わせ飲み合わせには注意しなければいけませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連キーワード
  • 高齢化率(65歳以上/日本の総人口の割合)と将来推移の推計、介護保険と団塊の世代
  • 高齢者・要介護者のデイサービス等での機能訓練を効果的にするコツは「心技体」
  • スマートコミュニティと地域包括ケアシステム、地域生活の安定のために
  • ICF(国際生活機能分類)、生活機能向上の介護とケアマネのケアプラン

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。