感覚・知覚・認知の意味の違い、関係性について

スポンサーリンク

感覚知覚認知の意味の違い、関係性について

感覚知覚認知という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?これらは同じ意味のように使われてしまうのですが、医療介護などの分野で言い間違えると、誤った情報共有になる可能性があるため復習しておきましょう!

感覚とは

もっとも単純な要素的刺激を主観的に認める働きのこと。

刺激を受ける → 体の感覚受容器(センサー)が興奮 → 求心性の感覚神経を通して刺激を認めるという働き。

感覚の種類

体性感覚

  • 表在感覚
    • 触覚・痛み・温度などの感覚
  • 深部感覚
    • 深部感覚の受容器(センサー)は関節、筋、腱にあります。
    • 振動:覚音叉などの振動を感知する感覚
    • 位置覚:目を瞑った状態で手や足などがどの位置にありどの関節がどの程度曲がっているかの感覚
  • 複合感覚
    • 二点識別覚:皮膚に同時に与えられた2つの刺激を2点として識別
    • 皮膚書字覚:手や背中などに文字を書いて何と書かれたか識別

特殊感覚

嗅覚・味覚・視覚・聴覚・平衡感覚のことで、受容器(センサー)が限られた場所にしか存在しないため特殊感覚という分類をされています。

内臓感覚

内臓感覚はの受容器(センサー)は、平滑筋・心筋・腺・内臓粘膜にある。空腹感・食欲・口渇感・悪心・便意・尿意・性感覚など。

代表的な感覚の伝導路の役割

神経と伝導路

sinkei
神経はよく電線と例えられます。神経にはインパルス(活動電位、興奮)が通ります。ショートしない性質があり、刺激が処理されるべき場所に送られていき、知覚として認知されます。感覚受容器から脳まで伝える神経には、中枢神経系と末梢神経系とがあります。これらは、いくつかの神経細胞を介して結ばれています。神経細胞から神経細胞への情報の通路を神経伝導路といいます。

神経伝導路には、脳から筋肉などに伝える運動神経系と、感覚受容器から脳に伝える感覚神経系があります。
ここでは、感覚神経系の代表例を紹介します。

前脊髄視床路(ぜんせきずいししょうろ)

粗雑な触覚と圧覚に関与する経路です。

外側脊髄視床路(がいそくせきずいししょうろ)

痛覚・温度覚に関与する経路です。

脊髄小脳路(せきずいしょうのうろ)

意識されない深部感覚に関与します。筋肉、腱、靱帯(じんたい)、関節包の状態、収縮や伸展の状態を小脳に伝える経路

後索路(こうさくろ)

触覚の一部(粗大な触覚)・振動覚などの深部感覚を伝える経路。

スポンサーリンク

知覚とは

同じ種類の感覚について、その強さや質の区別、時間的経過などを弁別すること。

スポンサーリンク

認知とは

いくつかの知覚を統合して知覚化されたものがどのようなものであるかを弁別する働きのこと。過去の経験、概念、記憶などを頼りに判断・弁別する高次な作用。

刺激から感覚・知覚・認知の役割と脳

刺激
感覚(主に体性感覚野で感覚があるorない)
知覚(主に感覚連合野で質・量・時間の弁別)
認知(高次脳機能と言われる判断・理解)

という関係性になっています。

 

記事が役立ったらシェア・いいね!で広めてください^^


おたきやま

おたきやま理学療法士、WEBプロデューサー(サイト運営者)

投稿者プロフィール

福祉・介護分野を中心に活動中の理学療法士、WEBデザイナー。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Yahooカテゴリ登録サイト

Yahoo! JAPAN 当サイトは、Yahoo! JAPANの審査を受けYahooカテゴリに登録されています。

ランキング参加中

アプリ情報

介護健康福祉のお役立ち通信のアプリができました!
手軽に記事が読めるよ!

Get it on Google Play

関係官庁

厚生労働省

最新記事

アマゾンプライムは介護施設で重宝します!
ページ上部へ戻る