筋力低下の高齢者の筋トレ・機能訓練で超重要な筋肉・筋力の知識

スポンサーリンク

筋力低下・廃用症候群の高齢者・要介護者の筋トレ・機能訓練・リハビリには、筋肉・筋力・運動神経の知識を。

機能訓練、筋力トレーニングを行う中で、なんとなく負荷を設定して、なんとなく決めた時間実施している人が多いと思います。

しかし、これでは非常にもったいない!とっても簡単なことですが、知っているだけで効果が出る知識をご紹介します。

筋肉と筋力についての基礎知識

筋トレについて考える前に、最低限知っておかないともったいない基礎知識をご紹介します。

kinnnikukinryoku

スポンサーリンク

筋肉

筋肉は、収縮することにより関節を動かして力を発生させる運動器官です。

スポンサーリンク

筋線維

筋原線維という非常に細い線維が集まって筋線維を作っています。繊維ではなく、線維です。筋線維は筋細胞そのものです。それぞれの筋線維に神経線維が接合しています。

運動神経(軸索・じくさく)

筋肉を収縮させるとき(力を出すとき)、脳から動かす指令を出します。その指令は脊髄の中の神経を通ってきます。そして脊髄の中で運動ニューロン(運動神経)に伝えられます。そして筋線維までいき、筋線維にその刺激を届けるのですが、神経の先端でアセチルコリンという神経伝達物質を出して伝えます。

運動単位と動員

神経は枝分かれして筋線維に接合しています。運動神経はこのようにたくさんの電線のようになっており、1本の神経からいくつかの枝に分かれていくつかの筋線維を支配しています。

このように1つの神経が支配している筋は、その刺激で一緒に収縮します。この単位を運動単位と言います。どれだけの神経細胞が刺激を出し、どれだけの筋線維を収縮させるかが筋力の調整になります。

運動単位を使うことを動員といいます。負荷の少ない状態だと動員される筋線維は少なく、大きな力を出すときはたくさん動員されます。

サイズの原理

速筋(そっきん)と遅筋(ちきん)

筋肉には速筋遅筋があります。遅筋は酸素を含む血流が豊富で赤い色をしており力自体は弱いですがスタミナ型速筋は鍛えれば膨らみ瞬発力がアップします。

速筋を支配する運動神経は、遅筋を支配する運動神経に比べ、軸索が太く、支配している筋線維の数が多いです。少しずつ大きな力を出していくような場合には、まず小さい運動単位から使い始め、大きな力を出す段階になって初めてサイズの大きな運動単位を使うようになります。

運動はじめは神経軸索が細い遅筋から使われて、動員が増えるに従い速筋が使われます。

不活動・廃用症候群では遅筋が優位で、速筋が萎縮

サイズの原則では、細い神経軸索の方が先に動員されるという性質を示しています。

つまり、高齢者や要介護者など、力を使わない生活では、遅筋の一部だけでなんとなく生活してしまっているということです。

動員されない神経が多いということは、その動員されていない筋線維は萎縮して弱まります。手足がガリガリの高齢者はこのようにして筋萎縮している可能性があります。

記事が役立ったらシェア・いいね!で広めてください^^


スポンサーリンク

ピックアップ記事

Yahooカテゴリ登録サイト

Yahoo! JAPAN 当サイトは、Yahoo! JAPANの審査を受けYahooカテゴリに登録されています。

ランキング参加中

アプリ情報

介護健康福祉のお役立ち通信のアプリができました!
手軽に記事が読めるよ!

Get it on Google Play

関係官庁

厚生労働省

最新記事

アマゾンプライムは介護施設で重宝します!
ページ上部へ戻る