スポンサーリンク

広告


「高次脳機能」とは

知覚、記憶、学習、思考、判断などの認知過程と行為の情動を含めた精神(心理)機能を総称

人間は他の動物と違い、刺激を受けてただ反射的に何か反応を示すのではなく、記憶や情動を含めて思考や判断をする生物です。この機能は人間特有に高度に発達したため、「高次脳機能」と呼ばれます。

高次脳機能の役割の図

スポンサーリンク

高次脳障害では人間に記憶されているごく普通のプログラムが損傷

高次脳機能と発達

発達につれて認知、学習を繰り返して様々な動作や思考ができるようになっていきます。

身体の発達、神経系の発達どちらも並行します。赤ちゃんの時は口に何か当たったら吸い付いてしまったり、手に何か当たったら掴んでしまってしています。このまま大人になったら異常ですよね。

これらは、徐々に出現しないよう抑えつけられていきます。同じように精神面でも、欲求を抑えるように理性(顕在意識)が発達していきます。すべて反射的に動いてしまっている状態というのは、赤ちゃんや他の動物と同じ状態です。

発達をするに従い、反射的に動くだけでなく、「この場合はどんなふうにした方がよいか」という戦略のプログラムが身についていきます。

この際に、情動だけでなく、人間特有である高次脳機能の「思考」や「判断」によって自分の欲求や無意識の行為を抑えたり、プランニング(計画)したりしていくのです。

高次脳機能障害とは「○○のしかた」「○○の見分け方」が正常でなくなる

動いたり喋ったりすることも、目の前のものが何か分かることも、すべて記憶から想起できるからこそできるのです。

そのため、動き方、喋り方、物を見分ける概念などのプログラムを司る脳細胞や神経伝導が、脳卒中や酸欠などで壊れてしまった状態になると、高次脳機能障害が出現します。

高次脳機能障害は、脳内に記憶された「○○のしかた」「○○の見分け方」などのプログラムが正常に働かない状態という感じです。

高次脳機能障害での具体的な症状

注意障害

与えられた刺激に対して適切に反応するために、意識の焦点を移動させていく過程の障害

半側空間無視(USN)

脳の損傷と反対側に生じる反応の低下や欠如

失行症

失行症とは、運動、認知、理解能力に問題がないのにも関わらず、すでに学習された動作が正しく遂行できない状態。

失語症

失語症とは、脳損傷により言語の理解や表出に何らかの障害をきたした状態。これは単に「話すことができない」というだけでなく、「理解できない」「字が読めない」などの障害としても現れる

認知症

認知症とは、生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態。

アルツハイマー型認知症の自然経過、中核症状、周辺症状、薬物療法効果
2016.2.2
アルツハイマー型認知症(AD)の自然経過、治療の三大特徴、中核症状、周辺症状、医療機関受診、治療、薬物療法について図・イラスト入りで紹介。 15年くらい前までは、脳血管性認知症のほうがアルツハイマー型認知症よりも有病者が多いというデータがありましたが、現在はアルツハイマー型認知症の有病者は増加してい...…

 

関連キーワード
  • 大便(うんち・うんこ)の正常な色、太さ、成分 日本人の平均的な量
  • 新オレンジプランとは?認知症施策推進総合戦略 7つの柱
  • 「湿度の本質」 飽和水蒸気量と気温からと冬の適切な加湿効果を考える
  • 介護・医療でよく使う主要な骨の名前と特徴

この記事が役立ったら「いいね」お願いします。

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

フォロー大歓迎です! 

おすすめの記事