]

虫歯の進行具合、C0(健康な歯)、C1、C2、C3、C4の状態

虫歯の進行具合、C0(健康な歯)、C1、C2、C3、C4の状態、エナメル、象牙質、歯髄(神経)は?

口腔および歯科領域の状態と、全身の健康についての関連性について近年よく話題になっています。
さて昔から悩まされていることも多い虫歯ですが、検診でたまにC(シー)と聞く事があるかもしれません。
「シーって何なの!?」と不安になりネット調べてここにたどり着いた方もいるかもしれませんね。
Cの状態について簡単に紹介します。ただ、ここでの紹介で何かあっても責任はとれませんので、担当歯科医師・歯科衛生士にちゃんと確認してくださいね。

虫歯になる3つの原因 細菌、糖質、歯の質

歯の構造の図・イラスト

虫歯を知るために、歯の図をご覧ください。これでどこまで侵されるかで進行度が決まってきます。

hanokouzou

広告

ムシ歯の進行、C0、C1、C2、C3、C4の意味

歯医者さんでは、虫歯をCで表します。 C0~C4があり、進行度に合わせてそれぞれ使い分けられています。

 C0(健康な歯)

 エナメルは溶けていないが歯が白濁、歯磨きで要観察

 C1の虫歯

 エナメル質が溶け始めている。ごく浅い。ほとんど痛みもない。虫歯の部分を削って修復剤を詰める処置など。

 C2の虫歯

 象牙質まで浸食。冷水や冷気がしみて痛い。治療はC1程度。

 C3の虫歯

 歯髄まで浸食。歯髄炎を起こして激しく痛みが生じる。炎症が進行すると歯髄が壊死。抜歯や冠をかぶせることも。

 C4の虫歯

 歯冠がほぼなくなる。根だけが残っている状態。歯髄が死んでいると痛みは感じない。化膿している場合は抜歯も。
虫歯になる3つの原因 細菌、糖質、歯の質

広告

歯磨きできているかチェックしよう!

ジーシー GC プロスペック 歯垢染色液は、液を数滴浸し、歯面全体にいきわたるよう塗布、歯垢が付着している部分が赤く染まります。

 虫歯関連グッズ