ウイルス失活化の3つの方法、生活空間除菌について

スポンサーリンク

ウイルス対策・失活化の3つの方法、ナノクロ(nanoclo2)などのお手軽で効果の高い「空間除菌」が有効な場面・口コミ。

インフルエンザ、ノロウイルス、エボラ出血熱、デング熱、ジカ熱など感染症のニュースが飛び交うこの頃です。

介護医療福祉分野にお務めだと、感染症に罹患していることが分かっていてもその患者さんに介入しなければならないことが多々あります。

病原として近年恐れられている「ウイルス」の対策、最近注目されているナノクロ(nanoclo2)などを使用した「空間除菌」についてまとめました。

n9

ウイルスってなに?どんなもの?

ウイルスは全ての生物の基本単位である細胞を持っていません。他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体です。

スポンサーリンク

ウイルスの3つの弱点は???

ウイルスは先ほど述べたように細胞を持っていません。そのため、非常に軽くて小さい物質です。

ウイルスは高湿度に弱い!

多くのウイルス感染症が冬に多いのは、乾燥の影響が大きいためです。乾燥するとウイルスは生存しやすく、軽くなるので浮遊しやすいのです。

水分を構成体に含むと飛びにくくなり、付着したり吸い込んでしまうリスクが軽減します。

ウイルスは消毒液「次亜塩素酸」「二酸化塩素」に弱い!

ウイルスは微細です。一部のウイルスは脂成分のエンベロープという部分をアルコールでを分解されて失活化します。

ノロウイルスなどのエンベロープを持たないウイルス(ノンエンベロープウイルス)にはアルコールが効かず、二酸化塩素や次亜塩素酸ナトリウムでの消毒という方法が現実的です。

clo2

ナノクロについて詳しくはこちら

ウイルスは85℃以上の高温に弱い!

ウイルスのほとんどは85℃で1分以上の加熱で失活化できます。加熱して食べる食材は中心部までしっかりと「加熱」を。

スポンサーリンク

ウイルス対策で大事なのは感染経路を断つことと「失活化(不活化)」

ウイルスの多くに共通する弱点は、高湿度・高温、そして消毒は次亜塩素酸と述べてきました。合わせて感染経路を断つということが最重要なのですが、なかなか現場では難しいこともあります。

特に、介護・医療・災害現場などでは、相手がウイルス感染していると分かっていても接していかないとならない場面が多々あります。

標準予防策(スタンダードプリコーション)に加えて空気感染予防策

感染シーズンには、標準予防策(スタンダードプリコーション)で行われている手洗い手袋マスクに加えて、空気感染予防策を推奨します。

感染リスクを減らす「空間除菌」の使い方

不特定多数がいる場所、感染症を発症している患者の部屋に訪室し、介護・看護などを行う場合、できるだけ感染リスクを減らしたいですよね。

感染症のウイルスや菌を保菌しており、その場所にウイルス等が漂っていることが分かっている分かっている時には空間除菌が効果的です。

空間除菌は安全なのか?

塩素成分をずっと吸い続けるということは、やはり身体には悪いイメージがあるかと思います。

粗悪な商品ですと、ガスの気化が安定せずに、高濃度で漂ってしまいます。ガスの放散が基準値で安定している商品の方が安全と言えます。

nanoclo-2

ナノクロについて詳しくはこちら

標準予防策を中心に、TPO(時・所・場合)に合わせた感染予防を!

感染症に対する理解を深め、過剰な消毒、過剰な隔離などにならないように、適切な対応ができるようにしたいですね!

記事が役立ったらシェア・いいね!で広めてください^^


おたきやま

おたきやま理学療法士、WEBプロデューサー(サイト運営者)

投稿者プロフィール

福祉・介護分野を中心に活動中の理学療法士、WEBデザイナー。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 自動調整の図

Yahooカテゴリ登録サイト

Yahoo! JAPAN 当サイトは、Yahoo! JAPANの審査を受けYahooカテゴリに登録されています。

フリー素材最新情報

お役立ち通信のフリー素材サイトの最新情報です。二次配布以外はご自由に使えるイラストなどです。

ランキング参加中

アプリ情報

介護健康福祉のお役立ち通信のアプリができました!
手軽に記事が読めるよ!

Get it on Google Play

関係官庁

厚生労働省

最新記事

アマゾンプライムは介護施設で重宝します!
ページ上部へ戻る