スポンサーリンク

お泊りデイサービスとは、日中に介護保険の通所介護(デイサービス)を高齢者が利用し、夜間そのままそこに泊まるサービスのことで基本的には介護保険支給外。

bednarande

お泊りデイって?お泊りデイサービスの基準は?

参考資料

埼玉県における指定通所介護事業所等で提供する宿泊サービスの事業について

 指定通所介護事業所等に併設されている宿泊サービス(いわゆる、お泊りデイサービス)について、県が作成した人員・設備・運営基準の指針、及び届出・公表要綱を掲載すると共に、県内の宿泊サービスからの届出情報を公表しています。
 埼玉県では通所介護事業所における自主事業としての宿泊サービス、いわゆる「お泊まりデイサービス」について、サービス利用者の尊厳の保持と安全確保を図ることを目的に、宿泊サービスの事業の人員、設備及び運営に関する指針宿泊サービスに関する届出及び公表実施要綱を制定し、平成26年4月1日から施行しております。
リンク:「指定通所介護事業所等における宿泊サービスにかかる指針」・「届出・公表制度」の概要 

基本方針

宿泊サービス事業者は、利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を継続できるよう、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話に係るサービスの提供を行うこと。

宿泊サービス事業者は、利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立った宿泊サービスの提供に努めること。

宿泊サービス事業者は、利用者の状況や宿泊サービスの提供内容について、法第46条第1項に規定する指定居宅介護支援事業者又は法第58条第1項に規定する指定介護予防支援事業者(以下「指定居宅介護支援事業者等」という。)と必要な連携を行うこと。

宿泊サービス事業者は、宿泊サービスの実施及び運営に当たっては、消防法(昭和23年法律第186号)、労働基準法(昭和22年法律第49号)その他の法令等を遵守すること。

宿泊サービスを提供する上での原則

宿泊サービス事業者は、利用者の心身の状況により、若しくはその家族の疾病、冠婚葬祭、出張等の理由により、又は利用者の家族の身体的及び精神的な負担の軽減等を図るために、一時的に居宅において日常生活を営むのに支障がある者を対象に、宿泊サービスを提供すること。

宿泊サービス事業者は、上記の趣旨に鑑み、緊急かつ短期的な利用として宿泊サービスを提供すること。
なお、利用者のやむを得ない事情により連続した利用が予定される場合においては、指定居宅介護支援事業者等と密に連絡を図った上で、次の日数の範囲で宿泊サービスを提供すること。
① 利用者に連続して宿泊サービスを提供する日数の上限は、原則30日とすること。
② 利用者に宿泊サービスを提供する日数については、法第19条第1項に規定する要介護認定の有効期間又は同条第2項に規定する要支援認定の有効期間のおおむね半数を超えないようにすること。

お泊りデイサービスの人員に関する基準

宿泊サービス従業者については、宿泊サービスの提供を行う時間帯(以下「提供時間帯」という。)を通じて介護職員又は看護職員(看護師又は准看護師をいう。)を常時利用者の数が9又はその端数を増すごとに1以上確保すること。

宿泊サービス従業者のうち介護職員については、介護福祉士の資格を有する者又は実務者研修若しくは介護職員初任者研修(訪問介護職員養成研修1級若しくは2級課程を含む)を修了した者であることが望ましいこと。

なお、それ以外の介護職員にあっても、介護等に対する知識及び経験を有する者であること。

宿泊サービス事業者は、宿泊サービス事業所ごとに、当該宿泊サービス事業所に勤務する者の中から管理者を定めること。

お泊りデイの概要をつかんでいただきました。次は、みんな気になるショートステイとの違いについてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。