スポンサーリンク

理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の違いは?就職は?将来性は?

よく、理学療法士作業療法士は将来どうですか?仕事はどうですか?給料はどうですか?おたきやまさんはいつまでこの仕事を続けますか?などと質問されます。

なかなかスパッと伝えられないので、こうして文章にしました。是非ご参考に下さい。

理学療法士の法律上の定義と概要は

厚生労働大臣の免許を受けて、「理学療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「理学療法」を行うことを業とする者。

この法律で「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。

理学療法士及び作業療法士法 (昭和40年6月29日法律第137号)より

一般に考えられている、加齢、事故などによる身体機能障害からの回復目的のトレーニングのみならず、脳卒中での麻痺などから、新生児の運動能力の発達の遅れ、循環器・呼吸器・内科・難病疾患等の身体的な障害を持つ人に対して、医師の指示の下、その基本的動作能力の回復を図ることを目的に、治療体操その他の運動(運動療法という)を行わせ、及び電気刺激、温熱、寒冷、光線、水、マッサージなどの物理的手段(物理療法という)を加える者であるとされています。

具体的には、障害や後遺症のある「体の部位」に注目し、腕の曲げ伸ばし等の運動療法、温熱や電気刺激等の物理療法、服の着替えや入浴等を模擬訓練する日常生活活動(ADL)といった手法を用いて、目標となる部位の能力・機能を回復させるためのリハビリテーションを行っていきます。

スポンサーリンク

作業療法士の法律(世界基準の)の定義とは

厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者。

理学療法士及び作業療法士法(昭和40年6月29日法律第137号)より

  • 「作業療法」とは、作業を通して人々の健康と安寧を促進する方法である。
  • 作業療法は、人々が日常生活を構成する作業に参加できるようにすることである。
  • 作業療法の効果は、人々が意味を見いだした作業に参加できる程度によって判断される。
  • 作業療法士は、個人や集団、あるいは心身に障害を持つ人々が、作業への参加が制約される問題を解決できる知識と技術を幅広く教育されている。
  • 作業療法士は、人々の作業への参加が環境によって促進されることもあれば、制約されることもあると考えているため、作業をできるようにするために人間に加えてその環境も改変していく。

 世界作業療法士連盟(2004)より

作業療法士(OT)が行うリハビリの目的は、「身体障害者と精神障害者の応用動作能力と社会的適応能力を回復させること」と言われます。

具体的には手工芸(折り紙、木工、陶芸、編み物等)や芸術(音楽、絵画、塗り絵、書道、俳句等)、遊び(トランプ、将棋、オセロ、パズル等)やスポーツ(散歩、体操、ゲートボール、ダンス等)等の「創作活動やレクリエーション」、日常動作(食事、料理、掃除、読書等)である「生活活動」等の「行為(作業)」を通し、次の段階である「社会復帰する為の訓練」をさせて、日常生活をスムーズに送るための複合的な動作が可能になるよう、リハビリテーションを行います。

PT・OTの仕事の根本的な違い

各資格の仕事の様子については、各団体で確認できます。

▼ 公益社団法人 日本理学療法士協会

一般社団法人 日本作業療法士協会

各職の仕事については、職能団体で確認できますが、実際に行っていることよりも考え方や問題の捉え方の違いが資格の違いともいえます。

このページでは、各資格者の価値観や考え方から仕事の違いを考えていきます。

スポンサーリンク

PTは身体面の自立支援ベースの考え方

理学療法士は、Physical Therapistといい、直訳すると「物理的(身体的)治療家」という感じです。

理学療法士は、身体の解剖学、生理学、運動学をベースにして、その人の障害を捉えていきます。

どちらも、生物に存在する「ホメオスタシス」機能で考えていくと分かりやすいです。

ホメオスタシスとは、自分で無意識に自動調整できる機能(無意識、自律神経など)のことです。

身体面のホメオスタシスを保てる状態にできるよう支援する、その方が自分と向き合う支援をする仕事

例えば、大腿骨という太ももの骨を骨折して手術をしたとしましょう。その後、痛みや筋力の低下があり、今まで通りに動けない日が続きます。

このままではその方は誰かの助けに頼り続けないと普通の生活を送ることができません。

自分の体調や痛み、生活行為などを保てなくなっている状態では、誰かや何かに依存せねばならないもどかしい状態になります。

これをあやゆる手段でできるだけ自立して、自分の生活を自分で調整できるように支援します。

OTは人間性や個性、文化的な生活をベースの考え方

PTが身体面のホメオスタシスを自分で保てるようにすることに対し、OTはその人らしい文化的な生活のホメオスタシスを保てる状態にできるように支援するものです。

『作業(行為)』は一人だけのものではなく、自分の外に何か影響を与えるものです。

どんな作業でも、自分の外にあるものを動かしたり、誰かのためになっていたりしています。つまり何かの作業をしたら、何かしら自分に返るものがあります。

そのあたりの繋がりと反応を考察しながら、人間的な回復、発展を促していきます。

人は集団の中でも個性があり、自分を識別するためのアイデンティティがあります。精神や身体の障害は、何かの行為をする時にその不調さを実感してしまいます。

この違和感のようなものをほぐしていくため、種々の作業活動についてのプロセス、活動の特徴、要する技能などを理解し、どのように治療や援助を行ったらよいかを考えられるよう学習していきます。

PT・OTの将来性、2025年頃には高齢者のことなんかよりも大きな変化がいっぱい!

理学療法士、作業療法士はとても資格取得者がとても増えています。若者は就職に有利なように「即戦力」と「資格」を!という雰囲気に流されて、なんとなくカッコイイし安定していそうな公務員や大企業社員、医療従事者などに殺到しています。

養成校や教育機関も、サービス業化して、誇大な宣伝で学生を集めているような世の中になっています。理学療法士、作業療法士などのコメディカル職にも、その乱立の波は押し寄せております。

まず、社会人として、『仕事』とは一体何なのかを考えて行動する必要があります。

私は、『仕事とは、人間の生活の中に空いた穴を埋めること』だと考えています。

これからの未来、足りなくなるもの、本当に求められるものって何でしょうか?

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年が2025年ですが、高齢者のことよりも大きな変化はあらゆるジャンルで起きています。

これらを考えていく時には、自分たちの仕事が医療・福祉などのジャンルであるという「分類」を取っ払って考える必要があります。

福祉業界はオールラウンダーです!!みんなで自分のジャンルを探していきましょう!

2025年の理学療法士・作業療法士を取り巻く未来予想

日本は戦後80年、高度経済成長時代に作られた老朽インフラ問題が囁かれる一方、科学技術もみるみる進歩していくことが予測されます。

老朽インフラ問題って?

1960年代に道路・上下水道・橋・学校・電線など、様々なインフラ設備が一気に作られました。

丁度これらのインフラ設備が老朽化により一気にガタがくるという問題です。

近年、トンネルの天井が落下する事故などが記憶に残りますが、このようなことが多発する可能性があるわけです。

インフラは、老朽化が進むほど、メンテナンス・管理維持費がかかるわけですが、税収も労働人口も減っている日本で新規に建設し直すのは難しいだろうと言われています。

さらに高齢者も認知症発症者もどんどん増えていることでしょう。

2025年、太陽光発電などが浸透、飛行機も電気で飛ぶ。IoTも浸透し、ウェアラブル端末で位置や情報など何でもアクセス。

アップルウォッチ(腕時計型ウェアラブル端末)が発表されました。また、グーグルグラスなどのメガネ型端末も登場しています。

ほんの10年前はインターネットへのアクセスはケーブルを繋がないとできませんでした。

情報へのアクセスが常時接続になったかと思えば、今度は端末を体に常時身につける状態になりました。

ウェアラブル端末や無人機器の進化は、センサーの進化の賜物でもあります。センサーは、音・熱・光・加速度・角度などをデジタルな信号に変換します。

更に最近はスマートセンサーやインテリジェンスセンサーという、センサーに演算や通信をする機能があらかじめついているようなものも登場しています。

きっと数年で家の中のものはみんなインターネットでつながり管理できるようになるでしょうし、ドローンなどの遠隔操作できる飛行機や車も登場することでしょう。

理学療法士、作業療法士も、人間の受容器(センサー)に働きかけたり、センサーが受容した刺激を処理する脳に働きかけて反応を見たりします。

バイオフィードバックやビックデータ解析などで、少なからず理学療法士・作業療法士の知見や研究対象は有効ではないでしょうか?

2025年、科学の進歩で遺伝子解析、認知症治療が本格化。癌治療法も確立か。介護ロボットも浸透。

まず、医療面では、DNA解析、遺伝子治療も可能となってきている可能性があります

出生時からDNAをチェックして、ひょっとしたら保管して利用するような取り組みもささやかれているかもしれませんね!

バイタルチェックしなくても患者は端末を体につけていて、バイタル情報は自動で端末から受信して、自動的に解析されるのではないでしょうか?

テクノエイド業界も活況で、サイバーダインのHALのようなものが更に進歩して、脳血管障害後遺症でも機械で歩行や手の利用ができるようになっているかもしれません。

2025年、理学療法士は民間に進出して生き残るか、何に特化するか、何を売りにするか

上記のように、技術進歩はめまぐるしくなっています。

PT・OTが教科書で習ったことはすでにインターネットで調べれば当たり前に出てくるため、患者も予備知識が増えていることが予測されます。

おそらく電気機器メーカーや、インターネット事業者が医療介護に進出しています。そして、今までのリハビリテーション分野ではできなかったことをあれよあれよと言う間に叶えていくという状態になる可能性があります。

専門家に求められるのは、本当にお客さんが調べた内容がその人に合っているのかということのチェックになるかもしれませんね。

2025年ころには、スマートフォンはほぼ全員に浸透、1日の大半は情報に支配されてしまうことでしょう。情報に支配されるとは、アルゴリズムの中で暮らすということで、自動的に自分の行動パターンや思考パターンが集計されてしまい、常にシステムに管理されるということです。

みんなパターン化された生活、インターネットが示すトレンドに沿った行動が当たり前になり、変わったことをするのが億劫だったり、避けようとしたりするようになっているかと思います。

評価の高いもの、自分が信用している人が推奨しているもの、まだネット上に登場していないみんなが話題にするような珍しいもの等には飛び付き、みんなに知らせることで満足感が得られるような価値観が生まれているかもしれません。

おそらく、イライラすることは今よりも多くなっているでしょうし、同じ姿勢でずっといて、肩凝りや額関節症になる人は増加しているかと思います。

2025年、介護分野はどうなるか?将来PT・OTの就職は?役に立てるか?

もちろんこのころにも高齢者問題はありますが、介護施設、老人ホームが2020年くらいまでは乱立することは目に見えており、介護職員は不足したまま2025年を迎えることとなるでしょう

正直なところ大量の高齢者を少ない若者で支えるなどというのは無謀で、理学療法士が介護分野に進出しても「こんなんじゃやってられない!」といい頭を悩ませることでしょう。

地域包括ケアシステムは理想ですが、法人を越えた連携はできず、大手が自分の法人内で利用者を回す形が構成されていくのではないでしょうか

療法士は、人によってはほぼ介護職員として、「これは生活リハビリなのだ」と言い聞かせながら理学療法士としてのアイデンティティをなんとか保つという状態かもしれません。これはこれでやりがいがあるかもしれません。

また、介護を受ける世代的に、スマートフォンやパソコンを使う世代になってきます。

後遺症などで動かない体を無理して動かそうとするより、インドアにインターネットの精神世界に浸る人が増えるかもしれません。介護施設でも、週2回程度リハビリするという雰囲気も無くなっているかもしれませんね。

東京オリンピックを境に、日本は不況になるかと思います。先に述べた老朽インフラをオリンピックまでにある程度整備するとしたら、それ移行の日本は「エコ」。

過度に期待しないで育ったサトリ世代に入ってくるため、ゴージャスなものや立派なものを整備する必要は無くなってしまいます。

声をあげない世代がどう生きるかによっては、日本がひっそりと姿を消していく道筋をたどるようになるのかもしれません。

PT・OTは下を中にする治療分野から、中や上を上や特上にしていく美やQOLの分野へ

自分の力で道を切り開く理学療法士系の人は、美容分野に進出していくのではないでしょうか?肩コリ、腰痛、額関節症などの悩みを解決に導く専門家も増えるかもしれません。また、姿勢や動きを美しくする「美」の分野も流行りそうです。

作業療法士系の人は、メンタル面の知識を活かして、カウンセリング+実践スタイルの産業などができそうな気がします。また、生きがい、趣味、ストレス解消などの手ほどきなども増えそうです。

人間は、身体と心のバランスが大切ですが、今後の未来では体を使うより心を使うことの方が多くなります。脳は使いますが、記憶や計算はほとんど使用せず、検索と表現に使用されるようになることでしょう。

入力されたものに対し、検索して、アルゴリズムや統計的に無難な答えを表現するという、ちょっと機械的な思考とコミュニケーションになりそうです。これにより自分が更に分からなくなり、精神世界で自分を定義するものを探しているうちに気が病む人が増えてくる可能性があります。

エヴァンゲリオンのような世界観ですが、物理的現実と情報的現実の区別がつかなくなり、経験していないのにスマートフォンでみたら経験したかのように感じたりするようになる可能性があります。

他人の経験を、まるで自分の経験のように錯覚する一方で、他人はいろいろ経験しているのに自分は全然できていないという類の「比較」による相対評価が自分を苦しめるやすくなります。

身体と精神のギャップや、本当に自分に身体があるんだ、個性があるんだと感じさせるような産業も出てくるかと思います。そういう意味で、理学療法士も作業療法士も社会の人が抱える不満や違和感を補完する職種になりえるかと思います。

PT・OTの資格の効力がどこまで持つかはわからない

このように、社会・技術の進歩はめまぐるしいです。

今は「資格」があるかないかを社会が判断材料にしていますが、SNSなどで人柄や経験を調べればそれ以上に何ができる人間なのか分かるようになってきています。

効力と言ってもピンと来ないかもしれませんが、お給料の「資格手当」だと思うとピンと来ると思います。

資格をとっても直接それが仕事の能力になるわけでもありません。

私は、身体面と精神面の繋がりを調整するのが好きで、これからも需要があると思いますので、引き続きこの辺の視点から攻めていきたいと思っています。

これから、一人ひとりが、「社会に空いた穴ぼこを埋めること」である『仕事』を見つけていけるように、心がけていきたいですね!

一緒に考えていきましょう!未来の福祉・未来の社会を!

理学療法士・作業療法士のお仕事情報はこちらから

介護分野で活躍するPT・OTも増えてきました。介護福祉分野ではリハビリに対する需要も大きく、待遇面もやや医療よりよい傾向があります。

もし介護分野で転職をお考えの場合は、理学療法士・作業療法士の求人として探すより、「機能訓練指導員」として求人を探すほうが高待遇のこともあります。
理学療法士・作業療法士の求人もたくさんありますよ。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連キーワード
労働・仕事, 福祉の仕事】の関連記事
  • 2016年全国都道府県別最低賃金は20円以上上がる模様(平成28年10月1日から)
  • デイサービスは営業前にドラッカーのマネジメントを読もう!事業コンセプトと組織の意味を再確認
  • 「好意の互恵性(こういのごけいせい)」の心理
  • 2017年(平成29年度)4月から介護職員処遇改善加算、給与手当アップに。

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。