誤嚥予防・口腔機能の理解に、摂食・嚥下のメカニズムと誤嚥の原因

スポンサーリンク

誤嚥誤嚥性肺炎の予防、口腔機能訓練の理解のために、摂食嚥下のメカニズムを復習!

食事は誰にとっても楽しみですが、高齢者や口などの麻痺がある人にとっては命にかかわる事態になる可能性もある行為です。

嚥下誤嚥誤嚥性肺炎とは

嚥下(えんげ)とは

嚥下とは飲み込むことです。

誤嚥(ごえん)とは

誤嚥とは、食道に入るべき食べ物や水分、唾液などが、声門を越えて気管に誤って入ることです。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは

誤嚥によって、口腔内の細菌が肺まで到達して炎症を引き起こすことを誤嚥性肺炎といいます。

摂食・嚥下を5段階に分けて考える方法

先行期(食べ物の認知)

先行期は、食べ物を視覚(見る)、嗅覚(臭いをかぐ)、味覚(味わう)、触覚(触る)、聴覚(聞く)などの5感で認識します。この時、どの程度お口に含み、どのように食べたらよいかを判断します。

準備期(捕食・咀嚼・食塊形成)

sessyoku1

準備期は、認識した食べ物を実際に捕食(口腔内に取り込む)します。この時に手や口唇や歯を使って行います。

口腔内に食べ物を適量取り込んだら、咀嚼(食べ物を噛んですりつぶす)しながら唾液と混ぜ合わせて飲み込むのに適した状態(= 食塊→しょっかい)にします。

咀嚼をしている時には、舌の奥側が持ち上がって、食べ物が咽頭に流れていかないようにガードしています。

口腔期(お口の奥への送りこみ)

咀嚼が終了したら、食塊は舌の運動により口腔内から咽頭に送り込まれます。舌と口蓋で挟まれるようにして食塊は咽頭へ送り込まれます。この時に送りこむ力は舌を口蓋に押し付ける口蓋閉鎖により得ています。さらに舌に押し付けられた口蓋の柔らかいところ(軟口蓋)は押し出されて、咽頭と鼻腔を閉鎖する準備をします。

sessyoku2

咽頭期(咽頭から食道への送りこみ・ごっくん)

sessyoku3

食塊が咽頭に送り込まれると、喉頭が挙上して嚥下反射が起こりたった0.6秒ほどで食塊は咽頭から食道へ送り込まれます。嚥下反射は、反射というだけあって正常な場合には始まったら自動的に一連の流れがスムーズに協調して行われます。

食道期(食道から胃への送りこみ)

食道に食塊が送り込まれると、逆流を防ぐために食道の入り口部はぴたりと閉鎖されます。その後は、食道の蠕動運動で胃へと送りこまれます。

 

スポンサーリンク

誤嚥の種類と水分にトロミ剤を使用する理由

嚥下動作前の誤嚥

嚥下反射が起こる前というのは、準備期(捕食・咀嚼・食塊形成)に当たります。

嚥下動作前(捕食・咀嚼・食塊形成段階)の誤嚥の原因

主に舌運動の低下により、口腔内で食塊が保持できず、嚥下反射が起こる前に気管内に流れ込んでしまうために起きることが多いです。

嚥下反射の遅れや消失が見られることも多いです。その原因としては感覚障害や、舌の萎縮、嚥下と呼吸のタイミングのずれ、喉頭閉鎖の不全などが挙げられます。

嚥下動作中の誤嚥

咽頭を挙上する筋力の低下、咽頭周辺の可動域低下などにより咽頭の挙上の不十分および咽頭閉鎖のタイミングのずれなどにより咽頭閉鎖が得られない場合は咽頭を通過する食塊が気管内に流れ込み誤嚥になります。

嚥下動作後の誤嚥

咽頭から食道への送りこみ能力が低下することにより、食塊が咽頭蓋谷などに残留してしまいます。その残留物が後から気管内に流れ込み誤嚥を起こします。

ムセや誤嚥に対して、水分にトロミが必要な理由は?

水のように粘度の低い液体は、動きが速く、誤って気管に入りやすいからです。

トロミをつけることで、動きのスピードがゆっくりになり、また、まとまりやすくなるため、スムーズに飲み込むことができます。

スポンサーリンク

サイレント・アスピレーション、むせ、咳嗽反射

誤嚥の代表的な症状として「ムセ」があります。

ムセは、誤って気管に異物が入った時に、その異物を排出する「咳嗽(がいそう)反射」のことで、気管防衛の役割を果たしています。

ムセのない誤嚥をサイレント・アスピレーション(silent aspiration)と言います。

その人自身や周囲が気付きにくい誤嚥であり、気付かないうちに誤嚥する量が増えて、肺炎を引き起こすリスクが高まっていきます。

食べて口腔ケアは大切、寝てから現れる誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎の原因は、お口の中の細菌やバイ菌が嚥下の前後で気管に入りこんで、肺の中で炎症を起こすという説明をしました。

ただし、喉の感覚が弱っていたり、舌周辺の筋力や動きが悪い方は、唾液が気管に垂れ流しになることもあります。

お口の汚れがそのまま気管に入るのは恐ろしいですよね。お口の中は雑菌がたくさんいます。

口腔ケアもしっかりと行っていきましょう。

摂食・嚥下のメカニズムから、誤嚥の対応対策を!

いかがでしたか?食事でのムセや飲みこみにくさを考えるときには、このようなメカニズムの知識が必要になります。

誤嚥した場合には、ムセで排出が第一ですが、排出できない時には異物の除去や、背部叩打法、ハイムリック法(上腹部圧迫法)などを行うとともに、救命処置が必要になります。

口腔体操嚥下体操などを行っている高齢者施設も多いかと思いますが、その体操はどの部分を使って鍛えているのかを考えながら行うとより効果的ですね!

参考文献 図解 ナース必携 誤嚥を防ぐポジショニングと食事ケア―食事のはじめからおわりまで, 迫田 綾子 , 2013/5/1

 

記事が役立ったらシェア・いいね!で広めてください^^


おたきやま

おたきやま理学療法士、WEBプロデューサー(サイト運営者)

投稿者プロフィール

福祉・介護分野を中心に活動中の理学療法士、WEBデザイナー。

関連記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. mk_02
  2. 2013-07-18 14.40.40
  3. jikorecall
  4. 中重度者ケア体制加算
  5. o0800053312836657511

Yahooカテゴリ登録サイト

Yahoo! JAPAN当サイトは、Yahoo! JAPANの審査を受けYahooカテゴリに登録されています。

フリー素材最新情報

お役立ち通信のフリー素材サイトの最新情報です。二次配布以外はご自由に使えるイラストなどです。






ランキング参加中

アプリ情報

介護健康福祉のお役立ち通信のアプリができました!
手軽に記事が読めるよ!

Get it on Google Play

関係官庁

厚生労働省

最新記事

  1. moudouken
  2. hutanwariai01
アマゾンプライムは介護施設で重宝します!
ページ上部へ戻る