スポンサーリンク

誤嚥・誤嚥性肺炎の予防、口腔機能訓練の理解のために、摂食・嚥下のメカニズムを復習!

摂食嚥下で大切な嚥下・誤嚥・誤嚥性肺炎とは

嚥下(えんげ)とは

嚥下とは飲み込むことです。

誤嚥(ごえん)とは

誤嚥とは、食道に入るべき食べ物や水分、唾液などが、声門を越えて気管に誤って入ることです。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは

誤嚥によって、口腔内の細菌が肺まで到達して炎症を引き起こすことを誤嚥性肺炎といいます。

スポンサーリンク

摂食嚥下を5段階に分けて考える方法

摂食嚥下は介護・医療業界でもひとくくりのものとして扱われがちですが、観察して口腔や飲み込みの機能を評価したうえで安全に食べてもらうためにポイントを見ていくことが大切です。

先行期(食べ物の認知、食欲)

摂食嚥下を5段階で考えるとき、第1段階は『先行期」です。

先行期では、食べ物を視覚(見る)、嗅覚(臭いをかぐ)、味覚(味わう)、触覚(触る)、聴覚(聞く)などの5感で認識します。この時、どの程度お口に含み、どのように食べたらよいかを判断します。食べ物を摂取するための食欲を含む精神面の問題、認知機能、全身状態、口腔の運動機能、唾液の粘性など、その人が食べる状態にあるのかということも考えなければなりません。

スポンサーリンク

準備期(捕食・咀嚼・食塊形成)

摂食嚥下の準備期(捕食・咀嚼・食塊形成)

摂食嚥下を5段階で考えるとき、次にくるのは『準備期』です。

準備期では、認識した食べ物を実際に捕食(口腔内に取り込む)します。この時に手や口唇や歯を使って行います。

口腔内に食べ物を適量取り込んだら、咀嚼(食べ物を噛んですりつぶす)しながら唾液と混ぜ合わせて飲み込むのに適した状態(= 食塊→しょっかい)にします。

咀嚼をしている時には、舌の奥側が持ち上がって、食べ物が咽頭に流れていかないようにガードしています。

入れ歯、唾液の出具合も誤嚥に関与する

入れ歯がなく、十分な咀嚼能力がない状態で普通の食形態の食事を摂取していたとすると、ゆっくり少量ずつ食べれば歯茎で食べ物をつぶしながら唾液と混ぜて塊にできます。

上記の図のように、食べ物を塊にするとき、歯がある人は前歯の部分と唇の内側の二重構造で食べ物に圧を加えていますが、歯がないとスカスカ抜けてしまうため塊にする能力が落ちます。

口腔期(お口の奥への送りこみ)

摂食嚥下の口腔期(お口の奥への送りこみ)

咀嚼が終了したら、食塊は舌の運動により口腔内から咽頭に送り込まれます。舌と口蓋で挟まれるようにして食塊は咽頭へ送り込まれます。この時に送りこむ力は舌を口蓋に押し付ける口蓋閉鎖により得ています。さらに舌に押し付けられた口蓋の柔らかいところ(軟口蓋)は押し出されて、咽頭と鼻腔を閉鎖する準備をします。

舌が弱ると食べ物を送り込む圧が不足してしまう

摂食嚥下における口腔期には、舌を口腔の天井に押し付けて舌口蓋閉鎖、鼻腔蓋閉鎖を行います。

介護施設などで口腔体操パタカラ体操を行っていますが、舌を上に押し付ける動きは摂食嚥下の口腔期などに役立っています。

 

咽頭期(咽頭から食道への送りこみ・ごっくん)

摂食嚥下の咽頭期(咽頭から食道への送りこみ・ごっくん)

食塊が咽頭に送り込まれると、喉頭が挙上して嚥下反射が起こりたった0.6秒ほどで食塊は咽頭から食道へ送り込まれます。嚥下反射は、反射というだけあって正常な場合には始まったら自動的に一連の流れがスムーズに協調して行われます。

脳梗塞、脳卒中などの後遺症で感覚障害や麻痺があると嚥下反射が遅延

摂食嚥下のメカニズムで、咽頭期の後半は自動的に送り込みが行われます。ただし、麻痺があると食塊が咽頭に送り込まれることが鈍っていてわからなかったり、舌周辺の運動が制限されたりして反射が遅延します。本来は食べ物の塊は1ごっくんに対して1塊ですが、不十分な塊が中途半端に送り込まれる状態になるため、誤嚥に一層の注意が必要です。

食道期(食道から胃への送りこみ)

食道に食塊が送り込まれると、逆流を防ぐために食道の入り口部はぴたりと閉鎖されます。その後は、食道の蠕動運動で胃へと送りこまれます。

誤嚥の種類と水分にトロミ剤を使用する理由

嚥下動作前の誤嚥

嚥下反射が起こる前というのは、準備期(捕食・咀嚼・食塊形成)に当たります。

嚥下動作前(捕食・咀嚼・食塊形成段階)の誤嚥の原因

主に舌運動の低下により、口腔内で食塊が保持できず、嚥下反射が起こる前に気管内に流れ込んでしまうために起きることが多いです。

嚥下反射の遅れや消失が見られることも多いです。その原因としては感覚障害や、舌の萎縮、嚥下と呼吸のタイミングのずれ、喉頭閉鎖の不全などが挙げられます。

嚥下動作中の誤嚥

咽頭を挙上する筋力の低下、咽頭周辺の可動域低下などにより咽頭の挙上の不十分および咽頭閉鎖のタイミングのずれなどにより咽頭閉鎖が得られない場合は咽頭を通過する食塊が気管内に流れ込み誤嚥になります。

嚥下動作後の誤嚥

咽頭から食道への送りこみ能力が低下することにより、食塊が咽頭蓋谷などに残留してしまいます。その残留物が後から気管内に流れ込み誤嚥を起こします。

ムセや誤嚥に対して、水分にトロミが必要な理由は?

水のように粘度の低い液体は、動きが速く、誤って気管に入りやすいからです。

トロミをつけることで、動きのスピードがゆっくりになり、また、まとまりやすくなるため、スムーズに飲み込むことができます。

サイレント・アスピレーション、むせ、咳嗽反射

誤嚥の代表的な症状として「ムセ」があります。

ムセは、誤って気管に異物が入った時に、その異物を排出する「咳嗽(がいそう)反射」のことで、気管防衛の役割を果たしています。

ムセのない誤嚥をサイレント・アスピレーション(silent aspiration)と言います。

その人自身や周囲が気付きにくい誤嚥であり、気付かないうちに誤嚥する量が増えて、肺炎を引き起こすリスクが高まっていきます。

食べて口腔ケアは大切、寝てから現れる誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎の原因は、お口の中の細菌やバイ菌が嚥下の前後で気管に入りこんで、肺の中で炎症を起こすという説明をしました。

ただし、喉の感覚が弱っていたり、舌周辺の筋力や動きが悪い方は、唾液が気管に垂れ流しになることもあります。

お口の汚れがそのまま気管に入るのは恐ろしいですよね。お口の中は雑菌がたくさんいます。

口腔ケアもしっかりと行っていきましょう。

摂食・嚥下のメカニズムから、誤嚥の対応対策を!

いかがでしたか?食事でのムセや飲みこみにくさを考えるときには、このようなメカニズムの知識が必要になります。

誤嚥した場合には、ムセで排出が第一ですが、排出できない時には異物の除去や、背部叩打法、ハイムリック法(上腹部圧迫法)などを行うとともに、救命処置が必要になります。

 

口腔・歯科や飲み込みを考えるとき、この記事も参考になるかもしれません

「麦茶」が一番!介護施設や子どもの飲み物は成分的にほうじ茶より麦茶
2017.8.16
高齢者施設・介護施設・老人ホームや、保育園や児童クラブなど、幼児・小学生くらいの児童の飲み物は何が良いかを、栄養士さん、薬剤師さんなどから意見を聞きまとめました。 介護施設では、ほうじ茶を日常の飲み物にしていることが多いです。一般的に自立していて家で飲んでいるものと言えば緑茶ですが、施設だとほうじ茶...…
大人の脱水症状・原因・診断・対処方法、水分摂取量・尿量の目安と予防、不感蒸泄の計算式
2016.7.10
脱水予防に水分摂取量は1リットル以上、脱水によるバイタルサインの変化(低血圧・頻脈)、1日の排尿量、不感蒸泄(ふかんじょうせつ)と脱水 脱水症(だっすい)の症状とは 脱水症とは、体内の水分が不足している状態です。高齢者はもともと体内の水分量が少なく、のどの渇きを感じにくくなっているため脱水に陥りやす...…
介護職員が実施可能な医療的ケアと医療行為の例まとめ(厚生労働省回答)
2017.8.16
医療行為は介護職員だと違反、医療的ケアは可能、爪切り、口腔ケア、一部の褥瘡の処置などはOK。経管栄養や痰などの吸引は一部介護職員が可能になりました。そのほかのグレーゾーンについて厚生労働省回答を紹介。摘便(てきべん)、インシュリン注射は禁止。どこから医行為で医師・看護師か具体例で紹介。 医行為とは、...…
腸内環境・細菌バランス改善、免疫に善玉菌とオリゴ糖が良い理由、効果
2017.6.7
腸内の善玉菌・悪玉菌って? 人間は、お母さんのおなかの中にいる胎児のときには無菌状態です。しかし、出産してからは口や鼻から様々な雑菌が入ってきます。 しかし、赤ちゃんのおなかには、かなり高い割合で母親から受け継いだビフィズス菌という善玉菌が存在しています。ビフィズス菌は最近をやっつけたりしてくれるの...…
食べ物を詰まらせて窒息、原因食品は餅だけじゃなくパン・粥も。
2017.8.15
窒息の原因食べ物・食品、餅、米、パン、粥、あめ、団子、ゼリーなど。人の飲みこみ、咽頭・喉頭部のエアウェイ(空気の通り)、嚥下反射、咽頭通過速度などにも着目。 窒息の研究と社会問題 10年ほど前になりますが、ミニカップタイプのこんにゃくゼリーや餅を喉に詰まらせて窒息して亡くなる事故が、メディア等でたく...…
虫歯の原因と進行具合、C1、C2、C3、C4の痛みと治療
2017.8.14
虫歯進行の原因は? 口腔および歯科領域の状態と、全身の健康についての関連性について近年よく話題になっています。 虫歯は歯が酸で溶ける病気です。虫歯という言葉から、細菌が歯を食べてしまうと思っている方が多いですが、細菌の研究で原因は「糖質」が関与していることがわかってきています。 口の中はミュータンス...…
虫歯になる3つの原因 細菌、糖質、歯の質
2016.1.14
虫歯の原因と虫歯菌(ミュータンス菌・ソブリヌス菌・ラクトバチラス菌など)対策、プラーク(歯垢)、虫歯の進行具合の紹介 虫歯の無い人とある人がいます。無い人は無いですし、ある人はあるというイメージはありませんか? 実は虫歯は条件がそろった時にでき、その中でも虫歯の原因菌の存在が大きいと言われます。 虫...…

 

口腔体操や嚥下体操などを行っている高齢者施設も多いかと思いますが、その体操はどの部分を使って鍛えているのかを考えながら行うとより効果的ですね!

 

参考文献 図解 ナース必携 誤嚥を防ぐポジショニングと食事ケア―食事のはじめからおわりまで, 迫田 綾子 , 2013/5/1

 

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 機能訓練指導員、高齢者などの運動・リハビリのための運動強度・心拍数・中止のめやす
  • 褥瘡ケア(じょくそうケア)、ラップ療法とフィルム療法、入浴と洗浄
  • 介護職員が実施可能な医療的ケアと医療行為の例まとめ(厚生労働省回答)
  • 「湿度の本質」 飽和水蒸気量と気温からと冬の適切な加湿効果を考える

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしてください! 

おすすめの記事