スポンサーリンク

身体障害者補助犬である盲導犬、介助犬、聴導犬について。補助犬ユーザーと出会った時、対応や誘導介助はどうするか。

moudouken

身体障害補助犬法は平成14年10月1日から施行されている法律です。この記事では法律を要約して補足していますが、全文は身体障害者補助犬法全文にありますので気になったら読んでみてください。

「身体障害者補助犬」とは

身体障害者補助犬法に基づき、特別な訓練を受け認定された盲導犬、介助犬及び聴導犬です。

スポンサーリンク

盲導犬(もうどうけん)とは

盲導犬は、目が見えない人が障害物を避けたり、曲がり角を教えたりして、目の見えない人、見えにくい人が街なかを安全に歩けるように、サポートします。

介助犬(かいじょけん)とは

介助犬は、物を拾って渡したり指示したものを持ってきたりして、手や足に障害のある人の日常の生活動作をサポートします。肢体不自由により日常生活に著しい支障がある身体障害者のために、物の拾い上げ及び運搬、着脱衣の補助、体位の変更、起立及び歩行の際の支持、扉の開閉、スイッチの操作、緊急の場合における救助の要請その他の肢体不自由を補う補助を行う犬です。

スポンサーリンク

聴導犬(ちょうどうけん)とは

玄関のチャイム音、FAXの着信音などを聞き分けて、耳が聞こえない、聞こえにくい人に、生活の中の必要な音を知らせます。聴覚障害により日常生活に著しい支障がある身体障害者のために、ブザー音、電話の呼出音、その者を呼ぶ声、危険を意味する音等を聞き分け、その者に必要な情報を伝え、及び必要に応じ音源への誘導を行う犬です。

施設等における身体障害者補助犬の同伴は?

補助犬については、補助犬法で、人が立ち入ることのできるさまざまな場所で受け入れるよう義務づけられています。「犬だから」という理由で受け入れを拒否しないでください。

補助犬の同伴を受け入れる義務があるのは以下の場所です。

  • 国や地方公共団体などが管理する公共施設・ 公共交通機関(電車、バス、タクシーなど)
  • 不特定かつ多数の人が利用する民間施設-商業施設、飲食店、病院、ホテルなど
  • 事務所(職場)-国や地方公共団体などの事務所-従業員50人以上の民間企業

補助犬の同伴を受け入れる努力をする必要があるのは以下の場所です。

  • 事務所(職場)-従業員50人未満の民間企業
  • 民間住宅

補助犬を連れている人は、身体障害者補助犬である旨を表示しないといけない

身体障害者補助犬を同伴して施設等(住宅を除く。)の利用又は使用する身体障害者は、その者のために訓練された身体障害者補助犬である旨の表示をしなければならないとされています。

補助犬は、犬種、認定番号、認定年月日等を記載した表示をつけています

補助犬ユーザーが施設等を利用する際には、補助犬の健康管理に関する記録、補助犬認定証などの補助犬であることを証明する書類を携帯し、関係者の請求があればこれを提示しなければならないこととされています。
これらの表示をつけていない、書類の提示がされていない場合など、補助犬であることの確認ができない場合には、補助犬として受け入れる義務は発生しません。

補助犬ユーザーと出会ったら

盲導犬ユーザーの場合

「盲導犬を連れているから手伝いは必要ない」ということではありません。ユーザー本人に、お手伝いが必要かどうか、確認をお願いいたします。

視覚障害者誘導のポイントは「安全に安心して歩く」

  • 視覚障害者の1歩前に立ち、あなたの腕もしくは肩や肘に手を掛けてもらいます。
  • 視覚障害者の歩くスピードにあわせて歩きます。
  • 視覚障害者が不安にならないよう、右に曲がります、階段を上りますなど、次の動きや周囲の様子をわかりやすく知らせることが必要です。

聴導犬ユーザーの場合

「聴導犬」がいるから手話しかコミュニケーション手段がないと思わないでください。そのほかにもいろいろな方法があります。

聴覚障害者=手話ではない「表情・ジェスチャー・口の動き・筆談」

聴覚障害者は、外見では気づきにくいのですが、聴導犬を連れていることにより聴覚障害者であることが認識できます。

聴覚障害者との接し方で留意すべきことは、会話が中心になると思われます。
会話の手段には、手話、筆談、口話などがあります。聴覚障害者だからと言って、必ずしも手話でなければならないということはありません。
メモ用紙等の準備があれば筆談などが可能ですし、障害の程度によっては大きな声で伝えれば理解していただける場合もあります。口話は、口の動きを読み取って理解する方法ですので、マスクなどを外して対応することが必要です。
簡単な内容であれば、身振りなどでも伝わる場合もありますが、どのような方法をとるかは、本人に選択していただくことになります。

12月3日から12月9日までの1週間は「障害者週間」

障害者基本法第 9 条に定められた、毎年 12 月3日から 12 月9日までの1週間。国民に障害者の福祉に関心と理解を深めてもらうとともに、障害者が社会、経済、文化などあらゆる分野の活動に、積極的に参加する意欲を高めることを目的として設定されました。

補助犬は社会で共存できる大切なパートナーです。

補助犬の訓練・管理について

補助犬ユーザーは、責任をもって補助犬の行動を管理し、補助犬の体を清潔に保ち、健康に気を配っています。

  • 補助犬は、ユーザーが指示した時に、指示した場所でしか排泄しないように、訓練されています。
  • 補助犬は、ユーザーの管理のもとで待機するよう訓練されています。
  • ユーザーは、ブラッシングやシャンプーなどで補助犬の体を清潔に保ち、予防接種や検診を受けさせるよう努めています。

参考サイト(厚生労働省より)

  1.  身体障害者補助犬法の概要
  2.  介助犬・聴導犬指定法人一覧
  3.  介助犬・聴導犬訓練事業者(第二種社会福祉事業届出状況)
  4.  盲導犬訓練施設一覧
  5.  都道府県等相談窓口一覧
スポンサーリンク
関連キーワード
社会情勢, 障がい者の関連記事
  • 若者の就職状況、卒業3年後の離職率は3割以上。賃金格差40代で非正社員だと収入は正社員の半分。
  • 小規模な通所介護(小規模デイ)は、2016年4月~地域密着型・サテライトに移行、要件は?
  • 2017年(平成29年度)4月から介護職員処遇改善加算、給与手当アップに。
  • MVNO比較、格安SIMでスマホ料金見直し通信費削減!一番簡単な節約で手取り給料アップ

医療・介護・看護・リハビリテーションに関わる方
フォロー・いいね!歓迎♪

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

Twitterでフォローしてください! 

おすすめの記事