足浴(そくよく)の手順と留意点、必要物品、介護方法、足を洗う目的と効果

スポンサーリンク

足浴の手順と観察項目、必要物品、介護方法、足を洗う目的、効果

sokuyoku134354

介護の場面や糖尿病の方の介助などを行っていると、「足浴」をする場面に遭遇します。新人介護職員などだと、いきなり「足浴やっといて!」と依頼されて「え?バケツにお湯入れる?」みたいな感じで戸惑うことでしょう…。

若い人も足浴することがあり、一般的には「頭寒足熱」状態にする健康法として、副交感神経を優位にしてリラックス効果を得たり、冷え性対策に行われています。

この記事では、主に介護看護場面での足浴の目的・効果・基本的な手順を紹介していきます。

足浴は入浴(部分浴)の一種

足浴は、部分浴というジャンルに分類されます。基本的には入浴の注意点などと同じになりますが、普通だったら衛生保持のために全身浴をするところを、理由があって部分浴になっているという点は注意しないといけません。

入浴できるならば全身浴を行う選択なりますが、感染や体力など

スポンサーリンク

介護計画、看護計画、ケアプランの足浴の目的と主な理由

業務として足浴を行う場合には、アセスメント(評価)を元に、プログラムを組んだ根拠と目的が必要になります。

ケースによってさまざまなのですが、以下に一例を紹介しておきます。

足浴の目的

  • 下腿から足部に付着した汚れや浸出液を落とし清潔を保つ。
  • 血行循環を促進させ代謝を促進する、浮腫などの症状の軽減を図る。
  • 温熱作用によりリラクゼーション効果や爽快感、安眠を促す。

足浴のプログラムを取り入れる主な疾患・病気と理由

  • 体力面や全身状態に問題があり、全身浴やシャワー浴を行うのが困難なため
  • 糖尿病などにより足部の衛生保持の優先度が高い状態であるため
  • 褥瘡などの足部の創傷があり、衛生管理や浸出液の除去が清拭のみでは困難なため
  • 骨折ややけどなどにより全身入浴ができず、衛生保持と入浴気分を感じるため
  • 施設や居宅サービスなどで通常の入浴回数だけでは不足している場合
  • 爽快感と温熱の安楽効果で睡眠のリズムや精神面の落ち着きを得るため
  • 狭窄症や神経痛などで足のしびれなどを強く訴え、温熱効果でリラックスしていただくため
  • 入浴の拒否があり、タイミングが良いとき足部だけでも衛生保持したい場合

スポンサーリンク

足浴に必要な物品

洗面器・たらい・バケツ と 汚水用バケツ

足浴用のバケツというものもあります。折りたためたりで便利です。

  

防水シーツ(ラバーシーツ)

ベッド上で足浴を行う場合には、ベッドや衣類を濡らさないために必須となります。

石鹸・ウォッシュクロス・かけ湯、バスタオル、保湿クリームなど

その他は入浴に必要な物品を用意しましょう。

足浴の手順・介助方法

事前準備

足浴を行う前に医師・看護師などに注意点を確認しておきましょう。利用者に足浴を行うことを伝え、同意を得てから始めましょう。

通常10分程度行われるため、念のため排泄の有無を確認しておきましょう。

足浴の方法

ベッド上で行う場合は、背臥位で安楽な姿勢にする為に利用者の膝を曲げて、膝の後ろにクッションなどを置きましょう。寝具や衣類が濡れないように足元には防水シーツ(ラバーシーツ)を敷きます。

洗面器に40度前後の湯を半分ほど入れたものを用意します。

片方の腕で利用者の両足を持ち上げ、もう一方の手で湯を張った洗面器を足の下に入れます。麻痺がある場合は、患側の足に注意し支えながら入れます。

足は5分ほど浸しておくと角質化した皮膚から汚れが落ちやすくなります。5分間ゆったりとできているかや、状態に変化はないか観察します。

足の洗い方(5分後)

5分ほど経過したら足を洗っていきます。石鹸をウォッシュクロスやハンドタオルに泡立てます。

指の間、足の甲、くるぶし、踵、足底などを洗い残しがないように丁寧に洗いましょう。そしてよく洗い流します。

拭き取りと乾燥、足浴後ケア

足をバスタオル上に置き、くるみます。バスタオルで両足をしっかりと拭き、場合によってはマッサージ等を行います。皮膚と皮膚が重なってしまっている場所は念入りに拭きます。

必要があれば保湿クリームや軟膏などを湿布します。

足浴の観察項目

  • 皮膚の異常はないか
  • 感覚は低下していないか
  • 褥瘡はないか、ある場合は状態はどうか
  • 擦過傷(擦り傷)などの傷はないか
  • 浮腫の状態はどの程度か
  • 爪に変化が起きていないか
  • 顔色・気分・呼吸に変化はないか

足浴の目的、注意点はさまざま

足浴と一概に言っても、その目的や求めていることはそれぞれ違います。

特に、糖尿病性の壊死を防ぐための衛生保持や、踵やくるぶしにできた褥瘡の処置などの場合には、足浴以外も一連の介護で注意点が出てきます。

どんな目的で、どんな注意点があるのかは、実施前に介助する全員で共有しまして、よりよいケアにしていきましょう!

記事が役立ったらシェア・いいね!で広めてください^^


関連記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. chris101013_2
  2. terashima
  3. a0800_000679_m
  4. 平成26年介護報酬改定の見通し
  5. 848454

Yahooカテゴリ登録サイト

Yahoo! JAPAN当サイトは、Yahoo! JAPANの審査を受けYahooカテゴリに登録されています。

フリー素材最新情報

お役立ち通信のフリー素材サイトの最新情報です。二次配布以外はご自由に使えるイラストなどです。






ランキング参加中

アプリ情報

介護健康福祉のお役立ち通信のアプリができました!
手軽に記事が読めるよ!

Get it on Google Play

関係官庁

厚生労働省

最新記事

  1. iroupeg
  2. moudouken
アマゾンプライムは介護施設で重宝します!
ページ上部へ戻る