ケアマネージャーの必須業務(報酬を受けるための条件 )

ケアマネジャー(居宅介護支援事業所)が介護報酬を受け取るために、ケアマネジャーは次の事項行わなければなりません。

  1. アセスメントに当たり、居宅を訪問し、利用者及び家族に面接をすること。
  2. 計画原案に係る担当者全員を招集して行うサービス担当者会議を開催すること。
  3. 居宅サービス計画原案を説明し利用者の同意を得ること。
  4. 居宅サービス計画を利用者・担当者へ交付すること。
  5. 1月に 1回は居宅を訪問し、利用者に面接した上で、そのモニタリングの結果を記録すること。
  6. 更新認定時等もサービス担当者会議を開催すること。
  7. サービス計画変更時も作成時と同様の一連の業務を行うこと。

介護支援専門員に関連する記事一覧
NEW!
平成30年度 介護報酬改定の方向性

広告