居宅サービス計画はケアプラン

居宅サービス計画は、要介護認定を受けた利用者が介護保険サービスを利用したい時に作成されるもので、ケアプランと呼ばれます。

一般的には居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネージャー)が利用者のニーズを把握し、どのように解決していくのかを計画書上で明確に示します。その内容に基づいて、各サービス事業者のサービスが提供されることになります。


居宅サービス計画に関連する記事一覧