理学療法士の法律上の定義

厚生労働大臣の免許を受けて、「理学療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「理学療法」を行うことを業とする者。

この法律で「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。

理学療法士及び作業療法士法 (昭和40年6月29日法律第137号)より

理学療法士の仕事

理学療法士が対象とするのは、一般に考えられている、加齢、事故などによる身体機能障害からの回復目的のトレーニングのみならず、脳卒中での麻痺などから、新生児の運動能力の発達の遅れ、循環器・呼吸器・内科・難病疾患等の身体的な障害を持つ人に対して、医師の指示の下、その基本的動作能力の回復を図ることを目的に、治療体操その他の運動(運動療法という)を行わせ、及び電気刺激、温熱、寒冷、光線、水、マッサージなどの物理的手段(物理療法という)を加える者であるとされています。

具体的には、障害や後遺症のある「体の部位」に注目し、腕の曲げ伸ばし等の運動療法、温熱や電気刺激等の物理療法、服の着替えや入浴等を模擬訓練する日常生活活動(ADL)といった手法を用いて、目標となる部位の能力・機能を回復させるためのリハビリテーションを行っていきます。


理学療法士に関連する記事一覧
平成30年度 介護報酬改定の方向性
糖尿病の検査と服薬

広告


平成27年度介護報酬改定のまとめ