バイタルチェック
スポンサーリンク

身体の状態の客観的指標、バイタルサイン

バイタルサインは健康管理の上で、お手軽に観察できて、日々の経過が追えるため、介護・看護・在宅医療・救急・保育など様々な場面で活用されています。バイタルサインは日本語で生命の徴候という意味合いがあり、これらを評価することをバイタルチェックと言い、身体・精神状態の重要な徴候・値になります。
意識呼吸体温サチュレーション(SpO2)、脈拍血圧を測定する意味、正常値、平均値、異常時の対応、観察のポイント、記録内容などを一緒に復習しましょう!

広告


バイタルサインとは

バイタルサインとは、からだの状態を示す基本的なサインのことです。

脈拍、血圧体温サチュレーション(SpO2)など測定機器で客観的な値が出るものと、意識、呼吸、表情など変化を観察するものがあります。

スポンサーリンク

脈拍(P, Pluse)

バイタルサインの脈拍、心拍数とは

脈拍測定の意味

1分間あたりの 脈拍=心臓の拍動数 です。

脈拍の平均値

乳幼児では1分間に100回以上が平均です。

高齢者では、60~80回が平均です。脈拍は、夜になると減少する傾向があるため、60回を切っても問題はありませんが、日々の様子を確認しておき、普段と違うかどうかで判断しましょう。

脈拍が異常な時の対応

脈拍は、運動や緊張など、交感神経と副交感神経の状態で変化します。異常がありそうなときは、看護師などに実測してもらい適切な判断を仰ぎましょう。

運動や興奮などが無い状態で、除脈や頻脈が起きた場合、薬物の副作用、脱水、心臓の異常などの可能性があります。

不整脈の回数と合わせて観察をして、医療へ連絡してください。

除脈とは

60回未満の状態を除脈と定義されています。

頻脈とは

100回以上の状態を頻脈と定義されています。高齢者では「脱水」の時発生しやすいです。

実用的には、「機能訓練指導員、高齢者などの運動・リハビリのための運動強度・心拍数・中止のめやす」もご覧ください。

サチュレーション(SpO2、酸素飽和度)

バイタル・サチュレーション(SpO2、酸素飽和度)

バイタルサインのSpO2(サチュレーション)はパルスオキシメーターで測定する

SpO2のことを、エスピーオーツーと読みます。職場によっては、サチュレーションやサップと呼ぶところもあります。

サチュレーション測定の意味

血液中に溶け込んでいる酸素の量であり、%で示されます。サチュレーションは、指先などにクリップのように挟むパルスオキシメーターで測定します。

サチュレーション(SpO2)の平均値

健康であれば99%近くの値になりますが、呼吸器官に異常があると、体内に取り入れる酸素が減ってしまうため、サチュレーションは低下します。

SpO2が異常な時の対応

サチュレーションは通常95%以上ですが、それ以下の場合は酸欠状態です。低酸素の状態が続くと、意識消失や組織の壊死に繋がります。早急に連絡が必要です。

SpO2(酸素飽和度、サチュレーション)の測定・パルスオキシメーターの仕組み
2017.11.19
バイタルサインとして用いられる、SpO2(動脈血酸素飽和度、サチュレーション)の測定・パルスオキシメーターの仕組み・測定できないときや異常値の理由や原因についてまとめました。 喫煙直後、貧血患者、呼吸困難、体動や振戦のSpO2測定の注意点も補足しています。 医療介護分野に入ると、バイタルチェックの中...…
スポンサーリンク

血圧(BP, Blood pressure)

バイタル・血圧

最たるサインの血圧の高い・低い・正常・異常を知っておこう

血圧の測定については「血圧測定は寝たまま臥位で有効?座位・立位との差や違いは?」や「手首式と上腕式血圧計の誤差や精度の違いは?どっちが良い?」も参考にどうぞ。

血圧測定の意味

血管内の血液の有する圧力のこと。血管の中は、血液がいっぱい。自転車のタイヤを思い浮かべると分かりやすいです。空気入れでシュポシュポと空気を入れたら、空気圧があがりますよね。空気入れが「心臓」です。

もしも、自転車に人が乗ったままで空気を入れるとしたら、圧は高くなりますよね。

血圧が高いときは、①どんどん血液が送りこまれている ②血管に血液が通りにくくなっている という状態です。

血圧が低いときは、①血管が破れたりゆるんだりしていることや(タイヤがパンクしている状態)、 ②心臓から血液が十分に送られてこない という状態が多いです。

血圧のコントロールは、首のあたりにある圧センサーなどで感知して自律神経の働きで自動的に行われます。このコントロールには、心臓の拍動数・1回拍出量、末梢血管抵抗などが関与します。

血圧の平均値、高血圧

20代の平均は、収縮時血圧120mmHg/ 拡張期血圧75mmHg くらいです。

以下は、高齢者の血圧の平均値です。高齢者は血管が硬くなり、高血圧(収縮期血圧が140mmHg以上)気味の人が多くなります。

60代 70代
平均値
(正常値)
141/83 145/80
高血圧の
割合
54% 63%
降圧剤有り
の血圧平均
150/86 152/81
正常値の割合 24% 19%

血圧が異常な時の対応

上記の基準値はありますが、高血圧の人が降圧剤を飲んでいる場合や、その人にとっての平常血圧がとても低いという場合などもあります。

そのため、日々のバイタルチェックが必要になります。高齢者の多くが血圧の薬を飲んでいるため、飲み忘れがないかチェックします。

低血圧の場合には、脳に血が通わなくなる可能性があるため、仰向けに寝かせて足を高くします。

血圧の急激な変化は、血管の異常(脳梗塞・心筋梗塞など)をサインとなることがあるため、他の所見も観察します。

血圧について詳しくは「バイタル測定方法と血圧変化の留意点、高齢者の血圧の測り方」もご覧ください。

意識(覚醒)

バイタルサインとしての意識・覚醒の観察方法

意識・覚醒レベルを観察する意味

「起きている状態にあること(覚醒)」または「自分の今ある状態や、周囲の状況などを正確に認識できている状態のこと」

覚醒レベルが異常な時の対応

日本で多く使われる意識の見方にJapan Coma Scale(JCS)というものがあり、 ①覚醒している ②刺激に応じて一時的に覚醒する ③刺激しても覚醒しない という点をみます。

また、世界的にはGlasgow Coma Scale(GCS)というものがあり、①開眼機能(目が開くか) ②言語機能(会話が成立するか) ③運動機能(言われたことが分かって身体を動かせるか) という点をみます。

これらが普段と違う、失禁している、痙攣しているなどの異常も含めて観察し、おかしいと思ったら他のサインと合わせて連絡します。

呼吸 breath

バイタルサインのポイント 呼吸のリズム

バイタルサインとしての呼吸状態観察ポイント

呼吸観察の意味

呼吸とは、口から肺へ酸素を取り入れて、体内で消費して二酸化炭素を放出することです。または、細胞が酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する代謝のことのことを指すこともあります。
呼吸は身体や精神状態に合わせてすぐに変化が見られます。

呼吸の診かたは「呼吸状態の評価と記録 バイタルサインの正常異常と観察」も読んでみてください。

呼吸の平均値

成人で毎分15~20回です。体位や精神状態など様々な要因によっても変化します。新生児の呼吸数は毎分40回程度、幼児で20~30回、小学生くらいからは20回程度になってきます。

リズムは、上記の図のように、「吸気:呼気:休止期=1:1.5:1」が標準的だと言われています。

異常な時の対応

呼吸器疾患や代謝疾患などがある場合、呼吸数は平均から外れている場合もしばしばあります。

普段は呼吸に問題のない人が安静状態で20回以上の場合は異常の可能性があります。

呼吸の乱れは、肺や心臓の異常や、脳の異変などの可能性があります。もちろん精神状態や運動の状況、風邪などによる鼻づまりなどでも変化します。

すぐに原因は特定できませんが、身体の異常で空気が吸えないか、ガスの交換がうまくいっていない状態なので、他のバイタルサインや、苦しさの有無と合わせて医療に報告します。

体温(英:BT, body temperature, 独:KT, Körpertemperatur)

体温は、介護看護現場ではよくBTやKTと言われ、カルテなどでもこれらの略語(隠語)で記述してあることがあります。
バイタルチェックの体温計

バイタルサインとしての体温の高い・低いと測定のポイント

体温測定の意味

体温は、身体の温度のことです。周囲の温度 と 体内で作られる熱エネルギー で変化します。

普段は36度代程度に常に調整されていますが、エネルギーをたくさん使う時は上昇します。体温測定は炎症や感染など、体内の異常などの指標になります。

通常の体温計で測定する温度は「皮膚温」といい、体の奥の方の体温は「深部温度」と言い皮膚温度より高いです。皮膚温度は外気で冷やされています。

体の成分の多くは、体温程度の温度ではしっかりと循環しますが、冷えるとになると脂が固まるのと同じような状態になりますので不調が出ます。

免疫力は体温が高い状態の方が活性化されます。

体温の平均値

日本人成人の体温の平均値は36.6℃から37.2℃のあいだです。朝の方が低く、夕方高くなる傾向があります。

人により差がありますので、その方の平熱を知っておく必要があります。

高齢者の体温の平均は35℃後半から36℃代、幼児・子供は少し高く37℃前後と言われます。

体温が高温の時(発熱時)の対応

体温が上がるときは、身体の中で炎症が起きている場合があります。

深部体温が36℃を下回ると震えが出ると言われます。

発熱と言っても、体温の上昇具合によって呼び方が決まっています。

  1. 微熱    37.0℃~37.9℃
  2. 中等度熱  38.0℃~38.9℃
  3. 高熱    39.0℃以上

風邪に代表されますが、感冒症状(くしゃみ、鼻水、発熱、倦怠感など)や、炎症反応(腫脹、発赤、熱感、疼痛)が無いかを合わせてチェックして、医療に報告します。

発熱(微熱・高熱)・体温調整 バイタルサインを深める
2017.11.6
バイタルサインの一つである「体温」。介護や医療の現場でも、体温計で体温を測って、微熱や熱発などということがよくあります。バイタルチェックでなんとなく測っている体温ですが、仕組みや発熱の原因や病気、日本人の平均体温などをまとめます。 体温のホメオスタシスメカニズム 日本人の平均体温と日内変動 日本人の...…

バイタルサインは介護や健康管理の基本

バイタルサイン・バイタルチェックの意味について復習しましたが、これは仕事だけでなく自分や家族などの健康管理にも役立ちます。

教養としても知っておいて損は無いかと思います。

関連キーワード
  • ICF(国際生活機能分類)、生活機能向上の介護とケアマネのケアプラン
  • 座位姿勢・座り方・体位の5種類の名称と特徴をイラストで解説
  • 介護保険特定福祉用具購入費支給、年10万円までポータブルトイレ、シャワーチェア、バスボード等
  • 車椅子の種類・部位・機能を知ろう!跳ね上げ・前開き・背張り調整なども図で

この記事が役立ったら「いいね」お願いします。

最新情報・お役立ち情報をお届けします!

フォロー大歓迎です! 

おすすめの記事