基本的な座位姿勢・座り方・体位の解説・イラスト図

スポンサーリンク

座位での体位・ポジション・姿勢の名前・イラスト図。介護医療で使えるフリー素材。

医療介護の世界に入ると、聞きなれない呼び方で座位姿勢を呼びます。一般的なあぐら、正座以外にも・・・。

イラスト付きで簡単に解説します。覚えておきましょう!

リンク先の「介護健康福祉のクラウドデータストック」の画像はフリー素材になっていますので、もしお使いになる場合はどうぞ!

座位の基本姿勢

胡座(あぐら)・安座(あんざ) とは

agura

あぐらは股関節を屈曲・外転・外旋、膝関節を屈曲して、下腿を前方で組み合わせた座り方・座位姿勢です。

あぐら・安座は、臀部および下肢が広い面で座面に接しており、支持基底面が大きく、座位の中では最も安定性がある座り方です。

ヨガ、武道、禅など、あぐら・安座という座り方が好まれる体位でもあります。

正座(せいざ)とは

seiza

正座・横座りは、日本での床上の座位として最も正式な座り方です。

正座は、両下肢共に膝関節160度前後の屈曲、足関節は50度の背屈、足部(足指)を重ね合わせ、その上に臀部を載せた座位し姿勢です。

高齢者などでは、上記のような屈曲角度を取ることは厳しくなり、この座位姿勢ができなくなってきます。

イラストのように、正座を崩した形を横座り(人魚座り)などと呼ぶこともあります。

長座位(ちょうざい)とは

tyouzai

長座位は股関節屈曲で下肢を前方に長く出した座位姿勢です。

長座位は、あぐら・正座等に比べて安定性は低く、長時間持続すると疲労する。

イラストのように足を組んだ姿勢でも長座位と呼べます。

端座位(たんざい)とは

tanzai

端座位は、ベッドの横などに足を下ろした座位で、腰かけ座位とも呼びます。

日常生活動作を考える際に基本となる姿勢です。

端座位が安定しているかが移乗・歩行・更衣・トイレでの排泄などのADL自立度の一つの指標となったりします。

例えば、洋式トイレで排泄する場合は、端座位が保持できることが条件となる場合などがあります。

半座位(はんざい)・セミリクライニングとは

hanzai

半座位はベッド上の座位で、セミリクライニング・ギャッジアップ座位とほぼ同一です。

半座位ではベッドの上半身を45度ほどギャッジアップしたり、枕や布団を背に置いたりしてこの体位を保ちます。

長期臥床などで循環機能が低下し、起立性低血圧を起こす場合は半臥位からバイタルチェックをして慣れていきます。

また、嚥下機能が著しく低下した場合は、応用的に半臥位で摂食し誤嚥を防ぐ場合があります。

 

記事が役立ったらシェア・いいね!で広めてください^^


おたきやま

おたきやま理学療法士、WEBプロデューサー(サイト運営者)

投稿者プロフィール

福祉・介護分野を中心に活動中の理学療法士、WEBデザイナー。

関連記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 20130712_111354
  2. 41AY8WEF74L._SX327_BO1,204,203,200_
  3. tenteki
  4. hutanwariai01
  5. 09_denkyu

Yahooカテゴリ登録サイト

Yahoo! JAPAN当サイトは、Yahoo! JAPANの審査を受けYahooカテゴリに登録されています。

フリー素材最新情報

お役立ち通信のフリー素材サイトの最新情報です。二次配布以外はご自由に使えるイラストなどです。






ランキング参加中

アプリ情報

介護健康福祉のお役立ち通信のアプリができました!
手軽に記事が読めるよ!

Get it on Google Play

関係官庁

厚生労働省

最新記事

  1. moudouken
  2. hutanwariai01
アマゾンプライムは介護施設で重宝します!
ページ上部へ戻る