スポンサーリンク



2016年10月13日 みずほ銀行やメタップスなど4社、新たなFinTechサービスの提供に向け提携

みずほフィナンシャルグループ(みずほ FG)、みずほ銀行、メタップス、WiLの4社は10月13日、FinTechを活用した新たな決済サービスの提供を目的に業務提携することを発表した。

みずほの顧客基盤や金融サービスの知見と、メタップスのデータ解析技術やオンライン決済の知見を組み合わせ、先端サービスの情報ネットワークと事業プロデュース機能をもつWiLの支援のもと、FinTechを活用した新たな決済サービスを創出するために協業にするという。

具体的には

(1)スマートフォンの利用を前提としたサービスの提供

日本におけるスマートフォンの普及率は人口の約7割に上ると言われており、インターネットもスマートフォン経由での利用が中心となりつつあります。今回の取り組みでは、スマートフォンに最適化したシームレスな決済サービスの提供

(2)決済データの解析による最適な金融サービスの提供

入出金明細等の決済データを分析することで、お客さまに最適な金融サービスを提供します。具体的には、個人のお客さまの決済データを分析し、資産運用における詳細なアドバイスを提供することや、法人のお客さまの決済データを分析し、ビジネス拡大の支援を行うなど、テクノロジーを活用したデータ解析により、お客さまの金融に関するさまざまな課題を解決

(3)新たな決済手段の創出

お客さまの利便性向上の観点から、ブロックチェーンの活用等による決済サービスの創出を通じ、現金でもクレジットカードでもない新たな支払手段の提供

(4)アジア市場への展開

新たに創出する金融サービスを、国内のみならず広く世界で利用いただけるよう検討していきます。具体的には、今後の決済市場の拡大が予測されるアジア市場において、地域性を踏まえたサービスの提供

引用:新たな決済サービスの提供を目的とする 業務提携に向けた基本合意について メタップス | 2016年10月13日

2016年(平成28年)11月14日 仮想通貨、資金移動業、不動産の売買、金銭の貸付、金融商品取引業、銀行代理業が定款に…

株主総会参考書類 第1号議案として、定款の変更についてが述べられています。

従来の定款から大きく追加され、仮想通貨、資金移動業、不動産の売買、金銭の貸付、金融商品取引業、銀行代理業、損害保険代理店業及び生命保険などなどいろいろな分野が追加されました。

これらは人口知能(AI)とフィンテックの可能性として事業化する意思として受け取れます。

特に、銀行代理業に注目しています。先日みずほとの提携の発表があり、思惑が広がっているところですが・・・銀行代理業とは・・・

銀行代理業とは

銀行のために、以下のいずれかを行う営業

  1. 預金又は定期積金等の受入れを内容とする契約の締結の代理又は媒介
  2. 資金の貸付け又は手形の割引を内容とする契約の締結の代理又は媒介
  3. 為替取引を内容とする契約の締結の代理又は媒介

銀行の代わりにお金を行き来させたりする業です。平成18年施行の改正銀行法により、規制が撤廃され、一般事業者も銀行代理業を行うことができるようになりました。

ただし、実際に銀行代理業を行う場合には許可制になっており、内閣総理大臣の許可が必要になります。

世界の頭脳として、メタップスは人工知能を駆使するか

さて、今回の定款変更で、会社として何を事業するかが明確化されてきます。

人工知能「Laplace(ラプラス)」は決済・融資・投資・保険における新サービスの創出に活用 〜

2016年8月24日のリリースで、ラプラスの活用について以下のように例が示されています。

<活用例>
・決済:決済データの分析から最も購入の可能性が高い顧客層へ広告を配信
・融資:決済データから新しい与信モデルを構築して新しい顧客層へ貸し出しを実行
・投資:新しい投資モデルの構築やスタイルに合わせた資産運用の最適化
・保険:行動データからリスクを算出して個々に最適な料率やプランを推薦

メタップス、東京大学准教授の鳥海不二夫氏が技術顧問に就任、 お金の流れを予測するAIの研究開発体制を強化

株式会社メタップス (本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下「当社」)は、技術顧問として人狼知能プロジェクトを率いる東京大学大学院工学系研究科・准教授である鳥海 不二夫(とりうみ ふじお)氏が当月より当社顧問に就任したことをお知らせします。

ちなみに鳥海 不二夫の著書は以下のような感じです。


第9回定時株主総会招集ご通知

株主総会参考書類 第1号議案 定款一部変更の件

1.提案の理由

当社は、事業持株会社への組織変更と、当社及び当社子会社の事業内容の 拡大並びに今後の事業展開に備えるため、現行定款第2条(目的)に事業目 的を追加及び変更するものであります。  また、将来の経営体制の強化に備え、現行定款第22条(代表取締役及び役 付取締役)第3項の役付取締役に取締役会長を追加するものであります。

2.変更の内容

変更の内容は、次のとおりであります。 (下線部分は変更箇所を示しております。)

変更案

(目的) 第2条

3.情報提供、情報収集、情報処理及び情報通信に関する業務

6.電子マネー、仮想通貨その他の電子的価値情報及び前払式支払手段の発行、販売及び管理並びに電子決済システムの提供業務並びに資金移動業

8.経営コンサルティング業

9.不動産の売買、賃貸借、仲介・斡旋、鑑定評価及び管理業務  

10.金銭の貸付、金銭の貸借の媒介及び保証、クレジットカードの取扱、金融商品取引業、銀行代理業 その他金融業

11.損害保険代理店業及び生命保険の募集に関する業務

引用:株式会社メタップス 第9回定時株主総会招集ご通知 平成28年11月14日
スポンサーリンク

メタップスは社会実験しながらデータを収集中

メタップスはSPIKEのオンライン決済など、さまざまな事業を通してデータを人工知能に通して分析させています。

未来に先回りする思考法/メタップス代表取締役:佐藤 航陽

意思決定について、未来予想について、情報の価値について…メタップス代表取締役の佐藤氏の考えが語られた良書です。


メタップスの事業も著書を読むことでさらに理解されます。ただ株式投資して株価を負うよりも、自分の判断で未来に投資する方がワクワクします。

パラダイムシフトの時代にどんなふうに社会が変化してくのか、過去を知り未来を読むという感覚が整理されています。

もしメタップスが気になっている方は読んでみても良いかもしれません。

[clink url=”https://otakiyama.com/kabutousi/2016/09/21/6172/”]

 

 

スポンサーリンク



  • 6172 メタップスはビッグデータと人工知能(AI)で世界の頭脳へ、最強経営陣
  • 6172メタップスの2016年11月定款変更、仮想通貨、資金移動業、不動産、銀行代理業、金銭の貸付
  • フリークアウト&メタップス 膨大な情報をデータとして取りためた企業が人工知能(AI)本命

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
オカモト
オカモトの概要 産業用フィルムやゴム製造大手。 国内市場で50%と圧倒的なシェアを誇るオカモトのコンドームの販売数量は、世界でもトップクラス...