IR・2ch・掲示板等の情報からF御膳の銘柄分析、時価総額とインパクト価値の株式投資

menu

F御膳の投資備忘録

スポンサーリンク

フィックスターズの時価総額、株価、空売り残高

IoT (Internet of Things) 、ビッグデータ、4K/8K放送、画像認識を利用した先進運転支援システム (ADAS)、車線逸脱の検知と車線変更支援、前方の物体・歩行者の検出と衝突緩和ブレーキ・システム、先行車追従クルーズコントロール、医療画像診断装置…いろいろ旬の産業の最適化、高速化を支援するフィックスターズです。

機械学習アルゴリズムのGPU化や画像認識アルゴリズムの開発、人工知能などの要となるのがスピードだと思います。

フィックスターズの時価総額、株価

時価総額約280億円、株価4,215円

フィックスターズの空売り残高

2017/09/22 728,050株

信用買い 447,400株

スポンサーリンク

フィックスターズの目指す世界

現在、人工知能技術の飛躍的な進化に伴い、近い将来コンピュータの知能が人類の知能を凌駕すると言われています。大量のデータを情報源として活用するIoT/AIの技術は、自動運転、ロボット技術、医療診断、工場自動化、ゲノム解析、マーケティング分析といった数多くの分野に適応され、人類の成長を魅力的に加速させることとなるでしょう。

IoT/AI時代の本格的な到来に向け、爆発するデータをどのように効率的に扱い、高度な分析アルゴリズムを限られた時間内に、限られたコンピュータ資源で、いかに実現するのかという課題が深刻となっています。このことは、これまでフィックスターズが培ってきた高速化処理技術の需要が益々高まり大きな役割を担っていくことを意味しています。

引用:フィックスターズhome >our business

この世界観を見ただけでも夢物語でない現実的な範囲の最先端を描いているように思います。

スポンサーリンク

フィックスターズは、省エネ、高速

フィックスターズは、”Speed up your Business” をコーポレートメッセージとして掲げるテクノロジーカンパニーです。マルチコアプロセッサを効率的に利用するためのソフトウェアの並列化および最適化と、省電力かつ高速 IO を実現する新メモリ技術を活用したアプリケーションの高速化を通じて、医療、製造、金融、エンターテインメントなど、様々な分野のお客様のビジネスを加速し、グリーン IT を実現しています。

現在、人工知能技術の飛躍的な進化に伴い、近い将来コンピュータの知能が人類の知能を凌駕すると言われています。 大量のデータを情報源としてコンピュータで解析し活用するIoT/AIの技術は、自動運転、ロボット技術、医療診断、工場自動化、ゲノム解析、金融、マーケティング分析といった数多くの分野に適応され、人類の成長を魅力的に加速させることとなるでしょう。

IoT/AI時代の本格的な到来と共に、爆発するデータをどのように効率的に扱い、高度な分析アルゴリズムを限られた時間内に、限られたコンピュータ資源で、いかに実現するのかという課題が深刻となっています。 このことは、これまでフィックスターズが培ってきた大容量ストレージ関連技術及び高速化処理技術の需要が益々高まり大きな役割を担っていくことを意味しています。

今後10年、人工知能を中心とするコンピュータ技術の発展により人類は大きな進歩を遂げるでしょう。 フィックスターズのソフトウェア技術が、この偉大な進歩に1歩でも2歩でも貢献できるよう、社員一同日々切磋琢磨しながら、更なる技術の高みを目指して歩んでいきます。

引用 フィックスターズhome >about fixstars >代表挨拶

フィックスターズの大容量高速ストレージ・サーバ「Olive」が続々採用される未来

フィックスターズの提供する大容量高速ストレージ・サーバ「Olive」は、スマート工場の実証実験のプラットフォームとして複数企業において実証実験、導入が進んでいます。

スマート工場では、工場のあらゆる部分が自動化され、機械や設備、製品や移動など様々人の代わりに働きます。これらを制御する機構には、安定、省エネ、小型、大容量、高速、そして汎用性の高いハードウェアおよびオペレーションソフトであることが必須条件で、これらをクリアしつつあるOliveが実証実験で活躍中です。

プロジェクト改善プラットフォーム「helmi」を発売

「helmi」は、日々のソフトウェア開発において発生する膨大な情報を取得し、機械学習による自動不具合予測を行います。これは、不具合が発生する確率を減らすことと、不具合を自ら修正することを行えるようになるという可能性を秘めたプログラムです。

SHIFT 代表取締役社長、丹下 大は以下のようにコメントしています。
「属人化された業務を、『作業』と『判断』に切り分け、エンジニアが創造的な業務に集中できるような体制・仕組み作りを進めてまいりました。人工知能が注目されている今、更に品質を科学し、様々な『判断』を仕組み化し、判断の属人化をなくすことで、より高度な品質づくりを推進できることを大変うれしく思います。『helmi』を通して、ソフトウェア開発のあるべき姿を考え、エンジニアの価値をより向上してまいります。」

フィックスターズ 代表取締役社長、三木 聡は以下のようにコメントしています。
「ディープラーニング等の機械学習技術の実用化が進み、大量データの高速処理に対するニーズは益々増加しています。このようなニーズに応え日々進化する当社の技術を、ソフトウェアテストという製品の品質を左右する重要な分野に適用できることを、大変うれしく思います。『helmi』を通しソフトウェア開発の効率化とさらなる高品質化に貢献してまいります。」

アイ・イー・テック 代表取締役社長、田村 陽介は以下のようにコメントしています。
「慢性的な人材不足に悩まされているソフトウェア業界において人工知能の活用は待望されています。その第一歩として、不具合予測分野での革新的な製品を発売できたことを大変嬉しく思います。三社の有機的な連携により企画実現した『helmi』が過酷な製品開発現場において、技術者を煩わしい雑務から開放し、より創造的な作業に集中できる新世界を切り開いていくことを期待しています。」

引用:AIによるプロジェクト改善プラットフォーム Helmiの発売を開始しました(2017年10月2日)

フィックスターズ、量子コンピューティングに関する情報共有サイト「Quantum Computing Information Site」をオープン

量子コンピューティングに関する情報共有サイト「Quantum Computing Information Site」( URL: https://quantum.fixstars.com )をオープンしています。

量子コンピュータを手掛けるD-Wave Systems, Inc.との協業を開始

D-Waveは、量子アニーリングに基づく量子コンピュータを提供するカナダに拠点を置く企業です。

2011年に世界初の商用量子コンピュータとされるD-Wave Oneを発表し、GoogleやNASA等、様々な企業、研究機関がD-Waveの量子コンピュータを導入しています。

フィックスターズは、今までに様々なタイプの高速化を行い培ってきたノウハウを生かして、量子コンピュータというモンスターマシンを用途に合うようにセッティング、カスタマイズ、開発するところを担いながら、量子コンピューター産業や用途においての可能性を切り開き、存在感を増していくことが期待されます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
スポンサーリンク

F御膳のツイッター

フォローすると早めに銘柄知れるかも

カテゴリ検索

スポンサーリンク



ランキング参加中

アマゾンプライム皆さん使ってますか?お急ぎ便が無料で、映画やドラマ見放題、音楽聞き放題。 Youtubeでは映画やドラマはありませんが、Amazonプライムなら見たいものがほとんどありました!